2014年4月20日日曜日

JSSR京都に参加しました

京都で開催された,日本脊椎脊髄病学会に参加してきました.
本学会では,
後輩に伝えるべき手術
といった内容で,ビデオセッションが組まれていて,
とても勉強になりました.
百聞は一見に如かず
です.

そして,夜は,Facebookグループのチームラビッツ
でオフ会をしました.
チームラビッツという名前の由来は,
うさぎ年の脊椎外科医で始めたことに由来します(私もうさぎ年).
今年で,第3回ということもあり,
メンバーが,本当にすごいことになってました.
もう,皆さん,元気の塊.のような人たちばかりで(笑)
20名弱で,レストランを貸切で行いましたが,とても楽しい時間を過ごしました.

以前だと,大学の外で,これだけの人脈を作るのは,
かなり難しかっただろうなあと思います.

普通なら,この出会いを,研究会に発展させよう.
という話になりそうなところですが,
しばらくは,

ただただ,会って
美味しいものを食べて,
夜遅くまで語り合って,
モチベーションをお互いに高め合う.

関係を維持するのがいいかな?
と思いました.
もう,研究会と名がつくものが,世の中に大杉.ですから(笑)

そして,もう一つ嬉しいニュース.
先日のブログに案内させてもらった福島のセミナーに,
私の知り合いの先生が,早くもエントリーされたそうです(驚)

普通であれば,もう少しリサーチをしてから,申し込むと思うのですが(笑)
情報を得てから,アクションを起こすまでが短い人というのは,
考え方に柔軟性があって,新しいものを取り込む余裕のある人なのでしょう.

そして,常に問題意識を持っているから,それを解決するために,
トライアンドエラーを繰り返しているのだと思います.
トライアンドエラーのサイクルが早くなればなるほど,
より遠くまで医学を発展させることができると思うのです.

そういえば,私も,昨年,このセミナーに誘ってもらった時は,
すでに締め切り過ぎていたのに,なんとか滑り込んだ記憶が.

今年は,まだ締め切りに余裕がありますから,
皆さんぜひご参加を〜