2017年12月11日月曜日

オンラインサロン 順調なスタートです!

整形外科医のブログより引用
昨日ブログ内で告知したオンラインサロンですが、いきなり13名の先生方から入会申し込みがあり、総勢40名を超える大所帯になりました。 もともとすごい先生方がたくさん居ましたが、すごい能力や経歴を持った先生方が加入されて「ごった煮感」が更にパワーアップされました。 この方は私よりも結果を出しているのでは??? と感じる先生も散見されるので、私もやる気スイッチを入れて再始動しようと思います。 それにしても、世の中広いモノですね。少なくとも自分の周囲ではお目にかかったことのないような先生方が、全国に散らばっていることは大きな発見でした。 もちろん、今から自分のキャリアを考えたり資産形成を始めようという先生も多数居られます。

昨日は,整形外科医のブログで告知していただいたおかげで, 終日入会申込みが続く状態でした.これまでは,私が主にリクルートしていたのですが,整形外科医のブログ主先生の告知は相当な後押しとなりました.ありがとうございました!

私の知り合いと,整形外科医のブログ主のお知り合いは,それぞれが個性的なメンツなので,まさに,ごった煮感が半端ではありません.

フェイスブックのプロフィールをみると,「私生活でお目にかかっても,話しかける敷居が高くて,なかなか声をかけることができないだろうな」というドクターもおられます.

そうかと思うと,まさにこれから資産形成に取り組もうとする若手のドクターもおられて,予想以上の多様性が生み出されています.

うーん.これだけ多様なメンバーが集ったからには,何かとんでもなく面白いことをしたいな.メンバー同士で化学反応がおこるような.

それと,フェイスブックの良いところは,テキストベースのやりとりなので,変な上下関係がないところですね.

私もそうですが,年齢的に若手からベテラン枠に移行していくと,「若い世代の人からのアドバイスが得られにくい」というデメリットがあります.

ですが,フェイスブックだと,正直いって,相手が何歳なのか?プロフィールをみないとわかりません笑

アメリカに留学した時に感じたのは,アメリカでは上司が何歳なのか?部下が何歳なのか?把握もしていないし,気にもしていない.ということです.
日本人は,まず年齢を確認して,上下関係を把握して,ディスカッションすることが習慣となっています.
でも,本当は,意見の交換というのは,もっともっとフラットな関係で行った方が楽しいですよね!







Facebookの非公開グループで,毎週様々なテーマについて情報共有をしています.興味のある方はぜひ!


尊敬している人の習慣を盗む Part 3

昨日の記事の続き

ふと,自分自身の習慣ってなんだろう?
と思い,記事にしてみました.
ここ数年で,意識的に(努力して)習慣化したものをリストにしてみました.
全て,1年以上続けている習慣です.

毎週必ずプールに1日,ジムに1日通う
毎月資産をエクセルに入力する
歯科に3ヵ月毎に歯石除去に通う
筋肉量維持のため,運動習慣に加えてプロテインを飲む.
歯磨きの際,デンタルフロスを使う

まあでも,上に述べたものは,意識できているという意味では,
本当の習慣ではないのかもしれません.
本当の習慣は,「毎日歯を磨く」「毎日風呂に入る」くらい当たり前になった行動パターンなのかもしれませんね.




2017年12月10日日曜日

尊敬している人の習慣を盗む Part 2

過去の記事:尊敬している人の習慣を盗む

お金を盗んだら,逮捕されますが,習慣は盗み放題!
先日,病院に待機する必要があり,インターネットで
整形外科医のブログの記事を,過去にさかのぼって読んでいました.

ふと,「整形外科医のブログ主は,どのような媒体から情報を集めているのだろう?」と気になって調べてみました.

そうすると,「週刊ダイヤモンド」の紹介記事が多く登場することに気づきました.
実は,過去に,整形外科医のブログ主が週刊ダイヤモンドのオススメ記事を紹介してくださった場合,私もその本をその都度アマゾンで購入していました.

そこで,さらに気になったのが,
整形外科医のブログ主は,「週刊ダイヤモンドを定期購読しているのだろうか?」という,リサーチクエスチョンがひらめきました.

というのも,
・気が向いた時に,週刊誌を買っている.
というのは,習慣ではありません.
些細なことのようですが,
・週刊誌を定期購読している.
というのは,間違いなく"習慣"です.

私は,「実力者が実力者たる所以は,その人がもつ習慣にある」という信念があり,興味のある習慣はすぐにパクります笑

ということで,ここから先は,ストーカー(?)のように,整形外科医のブログの過去記事をさかのぼっていきました.

すると...かなり昔の記事に,整形外科医のブログ主が,「週刊ダイヤモンドを定期購読している」という情報を発見しました.
(この時点で,病院待機から開放!)

ということで,早速,私も週刊ダイヤモンドの定期購読手続きをしました笑





整形外科医のための英語ペラペラ道場と整形外科医のブログがタッグを組んで運営するオンラインサロンのお知らせ


Facebookの非公開グループで,毎週様々なテーマについて情報共有をしています.興味のある方はぜひ!

2017年12月9日土曜日

オンラインサロンが新しく生まれ変わります.

2017年1月から運用開始した
・医師のキャリア革命(オンラインサロン:Facebook group)

現在,23名の会員(全員医師)とともに活動しています.
サロン開設直後は,整形外科医の先生が多かったのですが,最近では様々な診療科の先生にご参加いただいています.

1年を通じて,毎週1つのテーマ(お題)を提供して,サロンのメンバーで意見交換を行ってきました.Facebookでのやりとりなので,自由な時間にコメントできるのがイイね!

過去盛り上がったテーマとして
・合同会社の立ち上げ
・不動産の考え方
・金融投資について(投資信託)
・新婚旅行で世界一周
・1週間のうち半分働く医師
・遠隔診療(オンライン診療)
・確定拠出年金
・オススメのクレジットカード
・ふるさと納税
・留学先の相談 ​
・外来業務効率化の工夫

サロンの良さは,「ブログには少し書きにくいテーマ」が扱えること.そして,ブログとは異なり,メンバーと双方向性のコミュニケーションがはかれること.

それぞれの領域でメンバーが知識を提供してくれくれるので,私自身もとても勉強になっています.元々エッジの効いたメンバーが多かったこともあり,実際に会社を設立したり,スモールビジネスの立ち上げを試みるメンバーも出始めました.

ただ,限界もあり,
・これから新しいことを始める人が多い反面,経験者がまだまだ少ない.
特に,不動産,金融資産投資の分野で圧倒的な経験を持つ人が不足していました.

そこで,2018年1月から,整形外科医のブログ主とタッグを組んで,
サロンを運営することが決まりました!

リニューアル記念にサイトを立ち上げました.
医師のキャリア革命(オンラインサロン)

サロンのメンバーが,50人くらいになれば,
関東や関西圏で,エッジの効いたセミナーを開催したいと考えています!

来年新しく始めてみたい試みとして
・スモールビジネスのアイデア募集 → ビジネスを始めるネタ探しにもなる
良いアイデアなら、実際に起業してみる
・スタートアップの立ち上げを実況中継
・ミラートレードのための投資実況中継


2017年12月8日金曜日

医師のキャリア Part 6:整形外科医のブログとコラボレーションします!

新しく生まれ変わった
医師のキャリア革命(オンラインサロン)
を本日公開いたします.

前回,前々回のエントリーで,
人生100年時代を,「勤務医」という唯一のキャリア(乗り物)で走破することは,不可能になってしまった.
これから先,勤務医は皆,冒険家にならなければ生き残れない.
冒険家とは,「従来の,勤務医(労働者)としてのキャリアに加えて,投資家,起業家といった複数のキャリアを手に入れた人.」を指す.
と私なりの答えを提示しました.

今いる場所から,未知の世界に冒険するためには,最強の仲間が必要です.

最強のパートナーとは?
それは,「整形外科医のブログ」のブログ主(自由気ままな整形外科医)です.

私に足りないパーツは,
・資産運用やスモールビジネスに関する圧倒的な経験値 です.

医師というキャリアを持った知り合いはたくさんいますが,
このパーツを埋めることのできる人物は,この世に一人しかいないと思いました.

そんな意気込みで,サロンの共同運営をお願いしたところ
「ぜひやりましょう!やるからには,とことん面白いことをやりましょう.」
というお返事をいただきました.やったぜ!

これから,医師のキャリアについて,まだ誰もすすんだことのない場所(フロンティア)へ,冒険します.
私自身も,これから数年後に,オンラインサロンがどのように進化していくのか,想像できずにいます.でも,想像できない場所に行ってみたいのです.


If You Want To Go Fast, Go Alone.

If You Want To Go Far, Go Together. ​

「早く行きたいなら一人で、遠くへ行きたいならみんなで行け.」(アフリカのことわざ)


今想像できる世界を,遥かに超越した世界まで行ってみたい.
そのためのロケットを作りました.
パイロットは,「英語ペラペラ道場」と「整形外科医のブログ」です.
いっしょに乗ってみませんか?


興味ある方は↓
医師のキャリア革命(オンラインサロン)

2017年12月7日木曜日

医師のキャリア Part 5:2人の医師のストーリー

2人の医師のストーリー

赤海医師 勤務医.42歳.自分の専門領域のスキルを高めることに余念がなく,土日もほぼ毎週のように学会・研究会に参加.3人の子供が受験をする時期になり,子供の教育費(私立中学,高校,塾などの習い事)が家計を圧迫するようになる.ここ数年は,少しでも収入を増やすために,土日にも外来や宿直のアルバイトをしているが,貯金が増えるどころか,毎日の生活をやりくりするのが精一杯.60歳が定年だが,今のままでは,定年後の蓄えもなく,心配が絶えない.過労による健康問題も心配な日々.

 青海医師 勤務医.37歳.労働者としての仕事は定時に終えて,週末は起業家として,スモールビジネスの運営に関わっている.税金や社会保障費が年々増加しているため,労働により個人の収入を増やすことには限界を感じており,マイクロ法人を活用したビジネスに力を注いでいる.定年以降は,勤務医としての収入が途絶えてしまうため,できるだけ早い時期から,不動産や金融資産運用などにより,生涯途絶えることのない複数の収入の流れを得るため知恵を絞っている. ​ ​

赤海医師のキャリアは,労働者として働くことが唯一の手段となっている. それに対して,青海医師は,労働者,投資家,起業家といった複数のキャリアを有していることが特徴であり, 未知の領域に踏み込んでいく冒険家でもある. ​ ​





2017年12月6日水曜日

医師のキャリア Part 4:人生100年時代にフィットした勤務医のキャリアとは?

勤務医のキャリアについての問題点として
・人生を通して,国から無慈悲に税金,社会保障費を徴収され続ける.回避する手段がほとんどない.
給与所得以外の所得(不動産,金融資産投資含む)を得るための手段を知らない,経験もない.
・60歳で定年退職したあと30年以上,年金のみに依存することになる(所得が激減する)

医師は,比較的安定した職業とみなされていると思いますが,
それであっても,
人生100年時代を,「勤務医」という唯一のキャリア(乗り物)で走破することは,不可能になってしまった.
というのが,医師のキャリアについて,ここ数年考え続けた私の結論です.

私が,勤務医にとって,人生100年時代をのりきるために必須だと思うことは
・定年退職までに,労働以外に所得を得るための知識と経験を身につけること
・医師として一流のスキルを身につけた後には,勤務医以外のキャリアを,複数手に入れること

これから先,勤務医は皆,冒険家にならなければ生き残れないと思っています.
ここで述べた冒険家とは,
「従来の,勤務医(労働者)としてのキャリアに加えて,投資家,起業家といった複数のキャリアを手に入れた人.」を指します.

勤務医という安定したキャリアが途絶えないうちに,投資家,起業家といった複数のキャリアを手に入れるために冒険をすべきである.
そして,生涯途絶えることのない,"複数の収入の流れ" を得ることを目標にする.

勤務医(労働者)としてのキャリアに加えて,投資家,起業家といった複数のキャリアを手に入れた冒険家になるために何をすればよいか?

ここ数年考え続けたことの集大成となるアイディア
それが,医師のキャリア革命(オンラインサロン)です.

次回に続く