2018年8月19日日曜日

医師の副業(複業)について

医師のキャリア革命(オンラインサロン)のメンバーから
医師の副業(複業)に関する情報共有がありました.

ちょうど良い機会だったので,「医師が収入を得る(資産を増やす)方法」について考えてみました.

前提条件として
・資産形成においては,収入源を1点集中するよりも,分散したほうがリスクが低い

勤務医として病院から給料をもらう.というのは今は安定性は最高レベル,収益は考え方次第(収入は多くても実は労働時間が長いため生産性はそれほど高くない?)だと思います.ですが,リスクとして「日本の社会保障制度に依存した公務員としてのリスク」を上げたいと思います.「いやいや,うちは私立病院だから公務員じゃないよ」という意見があると思いますが,自由診療を除けば,保険診療という国の制度に大きく依存しているため,あえて公務員と表現してみました.

勤務医の労働環境が今後悪化した時に,「勤務医の給料に100%依存していると他に逃げ場がなくなる」.ここで,収入源を複数持っていれば,「勤務医としての労働は50%に抑えて,他で稼ごう」と考えられます.

ちょっと脱線しましたね.
ちなみに,今回の医師の副業(複業)に関して
・外勤のアルバイト,当直のアルバイトは除外しました.これは,複数の収入源には該当しますが,基本的には「医師としての労働時間を増やしているだけ」なので,今回のアイディアからは除外しました.

といっても,医師の副業(複業)を考える際,
・外勤のアルバイト,当直のアルバイトの報酬
というのが一つの基準になります.医師のアルバイトの報酬というのは,かなり効率が良いので,それを上回る"効率の良い収入源"を考えることは容易ではありません.そのため,勤務医は収入源が「医師としての労働」に100%依存してしまうとも言えます.

医師の副業(複業)
・不動産
・製薬会社主催の講演会の演者
・製薬会社主催の講演会の座長
・教科書の分担執筆
・ブログ収入(アフェリエイト,noteなどの有料記事販売)
・医療従事者向けポータルサイトでの連載
などがアイディアとして挙げられました.

本当は,「使わなくなった衣類をメルカリに出品してみる」とかも,医業以外の収入源としておもしろいと思うのですが,なかなか医師のアルバイト収入を超えるものがありませんね.

ここから先は,しょうもないネタなので,読み飛ばしてもらって良いのですが,
私の渾身のアイディアは

・家計のCEO(最高経営責任者)に就任すること
自分の家計簿を,企業の財務諸表にみたてて,経営立て直しを行う.
固定費の見直し(加入している保険の見直し,携帯電話の固定費見直しなど)
大型予算購入時の検討(マイホームの購入,外車の購入,生命保険加入など)

「我が家の赤字の収支を,来年3月までに黒字化します!」と自分の心の中で宣言して,CEOとして客観的に家計簿の見直しをしてみる.

よく言われることですが,
1万円出費を減らす効果は,2万円稼ぐのと同じ効果がある
(勤務医の場合,2万円稼いでも,税金が3〜5割かかるので,手取りが1万円になるという意味で)

家計のCEOのメリットとして
・今日から取り組める

・自由時間が増える(3万円固定費を削減できれば,アルバイトの回数を1回減らせる)

・体にかかる負担がほぼゼロ(外勤を増やすと体力が消耗しますが,携帯電話を大手キャリアから格安SIMに変えても体は疲れません)

・特に固定費を減らすと,1度の対応で,長期に渡り恩恵を受ける事が可能



2018年8月18日土曜日

医師の新しい働き方

医師にとって最適な働き方は「バーベル戦略」を応用したもの
・8割〜9割のリソース(お金や時間)を安定したものに投資
・残りの1〜2割のリソースをハイリスク・ハイリターンなものに投資
全体としては,反脆弱性(壊れやすくないもの)に結びつく

起業といったハイリスク&ハイリターンなトライにおいては,いわゆる多動力(小さなトライをたくさんすること)を持った人が有利.

そして,従来は,勤務医 or 開業医という2択であったところに,第3の選択肢を持つ人が増えてきました.Life bookブログ主のどくしょー先生の働き方は,新しい時代の医師のモデルケースになると思います.

勤務医として安定収入を得ながらも,定時に仕事を終えて,残りの時間を勤務医以外の活動にあてる.
そんなどくしょー先生が,今度セミナーを開催するみたいですよ.

しかも,ゲストはなんとなんと田端信太郎さん!

田端さんといえば,企業に属するサラリーマンでありながら,オーナーシップを存分に発揮して,個人のブランド化に成功した有名人.
そんな田端さんがヘルスケア業界のブランド人になれ!
という思い切ったメッセージで講演されるそうです.

このような著名人のセミナーをサポートすると,得られる経験値,人脈は相当大きいと思います.興味ある方はぜひ,参加してみてください.




2018年8月17日金曜日

人工知能と医療

AIは医師国家試験を突破できるか~医学部受験の専門家が考察

東ロボくんの模試の成績は年々、伸び続け、最終的に、東ロボくんは2016年6月の進研模試「総合学力マーク模試」で、5教科8科目の偏差値は、57.8に達した。

特に高得点だったのは数学と世界史で、特に富士通研究所と名古屋大学が担当した「数IA」で偏差値64(前年46.9)、「数IIB」で65.8(同51.9)、日本ユニシスが担当した「世界史B」で偏差値66.5(同56.1)をマークした。

偏差値57.8は私立大学の441大学1055学部、国公立大学の33大学39学部で合格可能性80%以上に相当するものだ。東ロボくんの成果は、MARCHレベル(都内有名大学=明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)で、合格判定80%(合格確実)のところまで来た。

個人的に,「AIが医学部受験に合格」とか「医師の仕事がなくなる」といったことにはあまり 関心がありません笑

AIが受験に合格という話題は,馬で移動していた時代に,「今後は,ロボットの馬車が人間を運ぶ」と予想しているのと同じような感じがします(実際は,自動車という全く別のイノベーションがおこった).

それより,むしろAIが果たす役割として期待したいのは
・心電図所見から適切な対応策を助言する機能
夜間の急変時など,専門でない当直医師の対応が標準化されるというメリット

・自宅でやけどした人,包丁で指を切った人が,「スマホのERアプリ」を使って,救急受診すべきかどうかの判断をする.
救急車の適正使用に貢献できる可能性

・プライマリ・ケアの質の向上
消化器内科の医師が開業して,プライマリケアに携わる際,専門でない血圧の管理や糖尿病の管理といった治療法が標準化される.

・内服薬の相互作用のチェック,既往歴から内服がふさわしくない薬のアラート
これは,AIの得意分野になりそう.

上記はいずれも,質の向上が期待されますが,雇用が減るものではありません.

2018年8月12日日曜日

成功するために最も大切なことは運?!


例えば,
・息子が大学を辞めて起業したいと言い始めた.

息子に「成功するために一番大切なことは○○だぞ」とアドバイスする.
○○に入るフレーズは何でしょうか?

・学力
・才能
・知識
・人脈

ここで,「成功するために一番大切なことは運だ.」と父親から言われると,ずっこけそうになりますよね.
でも,実は最初の成功に関して,一番重要なのは運なのかもしれません.

ここで,2つの本を紹介します.




上記2つの本を読んで私が感じたことは
・最初の成功に関して,一番大きく影響するのは運
最初の成功を掴む確率というのは,ZOZOTOWNの前澤友作社長,ホリエモンこと堀江貴文も私達もほぼ一緒

・最初の成功を掴むための運(成功する確率)はみんなほぼ同率.そうであれば,致命傷にならない小さなトライをたくさん仕掛けたほうが成功に近づく.
最初のトライで,「借金してラーメン屋を作る」といった一発勝負にでるよりも,お金のかからない小さなトライを1000回する方が成功には近づく.

・ただし,最初の成功を掴んだあとには,周囲から「あの人は仕事ができそう」,「あの人には才能がある」という評判が身につくので,2回目以降の成功の確率はどんどん上昇する.

ZOZOTOWNの前澤友作社長,ホリエモンこと堀江貴文さんなどの成功というのは,「全くの偶然といえる最初の成功」を経て,評判を積み上げていったものだ.と考えるのが妥当なんですね.

でも,「成功に一番重要なのは運」というフレーズを受け入れることって,心理的に大きな壁がありますよね.それを言っちゃおしまいでしょ!って感じもありますしね.
でも,一番大切なことは,「最初の成功を掴むまでは,(致命傷にならないための)小さなトライを何回も続けること」と言われると少し勇気がでてきますね.

紹介した本は,成功に必要なことがわかりやすく書かれていますから,興味のある方はぜひご一読を.






Facebookの非公開グループで,毎週様々なテーマについて情報共有をしています.興味のある方はぜひ!

2018年8月11日土曜日

外科医のリスクヘッジ

整形外科のゆるいブログ:仮説を立てて対策をする

以下引用です
外科系勤務医の40歳以降のシナリオとして

1)急性期病院の診療科のトップ(もしくは副病院長,院長)になる(数%)

2)地方の小~中規模病院(地方,田舎の病院)で働きつづける

3)私立病院に就職する

4)開業する(メスは置く)

5)教授になる(1%未満?)

のいずれかになりそうですね.

2)3)4)が大多数だと思われます.
1)は,その業界のトップランナーであり続ける必要があるので,かなりのハードワークをしないと無理そうです.さらに,政治力(院内の政治,医局内での政治)や運(教授に気に入られるかどうか?)も必要.

自分が,30代の頃は,なんとなく「急性期病院の第一線で手術をバリバリこなす人生」を描いていました.ただ,よくよく考えてみると,組織はピラミッド構造をしているので,
急性期病院は,
20代医師が一番多く,60代の医師は数名(主には副病院長,病院長など)
という構成になっていますね.

そして,40代というのはこれまで急性期病院の第一線でバリバリ手術をこなしてきた先生の最初のターニングポイントとなる年代であることが,実体験&知人の転勤で現実味をおびてきました.

つまり,上記の1)5)は圧倒的に少数で,2)3)4)が圧倒的多数になるわけです.

ゆるい先生が指摘しているとおり,
医局の支配の強い地域で、卒後10年、15年経った先生の選択肢は基本は2)地方の小~中規模病院(今回の山間部のような病院)で働きつづけるしか選べない。

医局員の多いところではもう出世できるかどうかは既に決まっているでしょ。

3),4)を選択する自由もあるけど、3),4)を選択して成功する確率は20年前、30年前に比べて著しく下がっている。

アカデミックな公的病院で働いていた先生が、金儲けを第一優先にしている民間病院で働くことが幸せに繋がるほど、現実の社会は優しくないよ。

だから研修医時代から、今の状況のようにならないように保険を掛ける必要があんだって。

1),5)を目指して医局員になって2)に追い込まれたときに、4)を選べるようにする準備が必要。それが実家の金持ちの女と結婚したり、女医と結婚するのも同じ準備の一つです。

これが本当の意味でのリスクヘッジ。

転勤という転機は本当にある日突然訪れます.
その時に途方にくれないように.
多様性のある働き方について,日々考え,行動しておくことの重要性を感じました.
(完全に医師のキャリア革命CMのためのポジショントークですね笑)

あ,でも,今回のゆるい先生のブログ記事は,中堅の外科医は,必ず目を通して置くべきですよ.間違いなく,いずれその選択を迫られる日がきますから.




Facebookの非公開グループで,毎週様々なテーマについて情報共有をしています.興味のある方はぜひ!

2018年8月9日木曜日

あえての引き算

現在pedia salonの企画で,ダイエットレース中です.
ということで,晩御飯を食べた後に,ジムでエアロバイクこいできました.

スマホでYouTubeを眺めていたら,懐かしい動画を発見!


ゴールデンボンバー 女々しくて

このグループの特徴は,言わずとしれた
「エアバンド」です.
ミュージシャンがPV,ライブで楽器を弾かない.
というのは,ちょっと常識では思いつかない発想です.

この,「あえての引き算」によって
・曲の中で,メンバー全員が踊り始める
といった,従来のバンドでは叶わなかった必殺技を使えるようになりました.

新しいビジネスを考える際,「あってあたりまえ.」という固定概念を外す,機能を外すというのは,結構ありかも.と感じました.

2018年8月8日水曜日

医師以外の選択肢を持つ人が増えてきた?

私は,「医師のキャリア革命」と「pedia salon(起業家のオンラインサロン)」のメンバーと交流があります.

最近強く感じることとして
医師以外の選択肢(働き方,生き方)を持つ人が増えてきたなあ
ということ.

10年前,私の身の回りに「医師以外の選択肢を(働き方,生き方)を持つ人」は,ほぼほぼゼロでした.(もちろん,当時から医師以外の選択肢を持つ人はたくさんおられたのですが,私の友人,知り合いにはゼロという意味です.)

今は人脈が広がったこともあり
医師 × 不動産投資家
医師 × 金融資産投資家(株式,投資信託,外貨含む)
という組み合わせの人は,結構たくさんおられることに気づきました.

ところが最近では,
医師国家試験に合格後,ベンチャー企業に就職する人をはじめ,
医師 × スモールビジネスオーナー(Airbnbなど)
医師 × 起業家
医師 × オンラインサロンのリーダー(村本先生@MIラボ
といった人が,かなりのペースで増えてきた印象です.
(私が,そのような人との繋がりを持つように積極的に動いているというバイアスは多分にあります.大学病院や総合病院などでは,まだまだ見かける機会は少ないでしょう)

医師は,ある意味最強の国家資格で,一昔前であれば,
自分の持つリソースを,医療に一点集中しておけば何の問題もない
と考えられていました.

しかし,今後勤務医という生き方に,持てるリソース(主には時間)を一点集中して,逃げ切れるかどうかは誰にもわかりません.
過去記事:世の中からブラックな職場をなくすことはできない
     政府は勤務医の財布を狙い撃ち!

働き方については,いろんな考え方があって当然だと思いますが,私自身は,
医師 × 投資家 になるために金融リテラシーを身につける.
医師 × 起業家 になるためにQuotomyで起業のお手伝い
医師 × オンラインサロンのリーダー として今後の医師の新しいキャリアを考える

といった感じで,従来の働き方にとらわれずに,多様性をもった働き方,医師だからこそとれるリスクをとった生き方を追求していきたいと考えています.






Facebookの非公開グループで,毎週様々なテーマについて情報共有をしています.興味のある方はぜひ!