2012年2月12日日曜日

OSGセミナーが無事終了しました

2/11に,OSGセミナーを無事とりおこなう事ができました.
今回のセミナーは,主に岡山大学関連病院の先生に
ご案内していたので,他大学の先生にはご案内ができませんでした(汗)

同じ日に,名古屋脊椎グループ(NSG)のセミナーも開催されたようです.
NSGを目標にして,OSGを立ち上げ,頑張ってきた経緯がありますので,
いろいろ考えるものがありました.

OSGも,なんとかデータベースが軌道に乗り始め,
現在4300例を超えるエントリーがあります.
そして,今年の3月には,福島で,豚を使用した
「ナーストレーニングコース」
を実施する準備がすすんでいます.

少しずつではありますが,組織の活動が充実してきています.

NPO法人の活動というのは,非常に大きなメリットがあります.
1)社会の中で遅れている領域をおぎなうもの
資本主義の体制では,利益を得にくいものに対する支援やサポートが,
どうしても不足しがちです.

脊椎専属ナースを育てる
とか
脊椎外科医になろうとする若手に,カダバーを使用して手技を指導する

などなど.
どれをとっても,みんなが非常に重要だと感じながらも,
それ自体は短期的な利益を生み出すものではありません.
(長期的には,大きな利益を生み出します)

そういった活動を,企業や患者さんからの寄付金をもとにして,
NPO法人がサポートしていく
というのは,すごく大きな意味があります.

先日,実家に帰省したところ,なんと,うちの母親も
別のNPO法人の活動に参加していると知り,びっくりしました.

母は,小学校の教員を定年退職した後に,
障害を持つ子供達のために,NPO法人の活動を行っているようです.

NPO法人は,定年を迎えたものの,高い専門性を持つ人達を
新たに社会の活動に参加してもらう組織としても有効だな.
と感じました.

2)ゼロから新しいアイディアを作り出す
Chikirinの日記 2012-02-01 変わらない。替わるだけ

大きな企業ほど,全く新しい事を始める(変わること)は,難しい.
特に日本においては.
ちきりんのブログには,「変わるのではなく,替わる」事で社会が変化していく.
と指摘されています.

全く同感ですね.

現在の社会にぽっかりと開いた穴をうめようと思ったら,
既存の企業に「変化」を期待するのではなく,
新しい仕組みやサービスを生み出す組織を作った方がスムースです.
そういった意味でNPO法人は,大きなアドバンテージがあります.
フットワーク軽いし,存続のために利益を生み出しつづける必要がありません.

でもでも
これは,企業にとっても利益があると思うのです.
企業が,全く新しい仕組みに参入するには,「リスク」を伴います.
しかし,寄付金という形で,NPO法人を支援するのなら,
リスクが軽減しますね.
そして,寄付金をもとに,NPO法人は,どんどん新しい事にチャレンジする.

NPO法人の活動を支援している企業というのは,
今後,社会的に評価されていくのでは?
と思います.