2011年3月31日木曜日

チャットワークが面白そう

現在運営に関わっているNPO法人岡山脊椎グループ

あるプロジェクト(先日開催したOSGセミナーなど)を
すすめるにあたって、いろいろ問題が生じました。

まず、異なる病院に勤務する先生方との間で、
いかに連絡を取り合うか。

1対1なら、電話でOKですね。
でも、数人が関わるプロジェクトになると、
電話には問題がたくさん。
1)まず、A先生とB先生が電話で決めたことを
他の先生は知らない。
2)電話だと、後で、言った、言わない問題が生じやすい

次に、メールを使おうと考えましたが、これも
問題だらけ。

メールは、決定事項をみんなに伝えるのには役に立ちますが、
A先生からの返事を、B先生に送って意見聞く、
というふうにすると、ものすごいたくさんの
メールを送受診することになります。

もう少しましなのが、メーリングリスト。
これは、登録してある人に一斉送信できて、
その後のやり取りも、グループ毎に共有できます。

でも、タイムラグが問題になります。
つまり、A先生とB先生が、メーリングリストでやりとり
して、「○月○日に、ミーティングをしよう」
と決めたとします。
でも、そのメールを、次の日にみたC先生が、
「その日は会議室が使えないよ!」と
連絡をすると、全てのやり取りが振り出しにもどります。

これらの、弱点を補強できそうなサービスを発見しました。

その名も
チャットワーク

記事:メールを駆逐するために作られたフリーの
チャットツール「チャットワーク」登場


まだ、実際に使用したわけではありませんが、
チャット形式で作業をすすめたり、
ファイルを共有したりするのに
すごく役立ちそう。

しかも、クラウド使用のサービスです。
これは注目のサービスです。