2011年3月14日月曜日

東北地方太平洋沖地震とTwitter part 3

今回の地震および福島第一原発爆発事故に関して,
Twitterを利用した情報が機能しているようです.

特に,マスコミや企業に対して,民意を反影する事に関して
一定の効果が上がっているようです.

具体的には

・被災地にマスコミのヘリをあまり飛ばさないでほしい

・報道に手話を併用してほしい(NHKで採用)

・節電の呼びかけ.企業には,都市の電光看板使用の自粛

・テレビで悲惨な映像を流し続けるのではなく,
被災地の生活情報を流してほしい

その一方で,原子力発電所爆発の際には,
出元の曖昧な情報
パニックにおちいった人が手当たり次第に情報を乱発
一部のデマ

も情報として拡散してしまったようです.

今後,Twitterによる情報を有効活用するには,
飛び交う情報をフィルタリングする必要がありそうです.