2016年8月2日火曜日

脊椎英語論文投稿先の情報

脊椎の英語論文投稿先の情報について(2016/08/02現在の情報)




Clinical Spine Surgery
2015年までJournal of Spinal Disorders and Techniques
として発刊されていた雑誌が,新規リニューアルしました.

インパクトファクター 2.291

実は,3年前にJournal of Spinal Disorders and Techniquesに
後輩が投稿した論文が,acceptされているにも関わらず,
in press(雑誌に掲載されることは決まっているが,まだ掲載巻号やページが決定していないもの)の状態で2年以上放置されていました.
何度も編集者にメールしたのですが,返事が曖昧で
泣き寝入りかと思っていたところ,
先日,Clinical Spine Surgeryに掲載されました(驚)

雑誌の移行時期で,掲載が大幅に遅れてしまったのでしょうね.

その後,別の論文をClinical Spine Surgeryに投稿しましたが,
レスポンスも良く,今後は安心して投稿できそうな印象です.

また,こちらの雑誌は,
初回投稿時には,abstractをまず投稿して,一時審査を受けます.

一次審査に通過した場合は,二次審査(本文の投稿)へと進みます.
つまり,魅力的な論文タイトル,abstractが書けていないと,
一次予選敗退.となってしまいます.

abstractだけで,一次審査を行うことは
投稿者にとっても,査読者にとってもメリット大きそうですね.
rejectされた論文を別の雑誌に提出する際には,
論文の体裁を変える必要があり,手間がかかります.
そこまで手間をかけて投稿しても,
あっけなくrejectされてしまうと辛いものです.
abstractで簡単な査読があれば,そのような手間が省けますから.

Clinical Spine Surgeryは,現時点で,iPadから無料で論文を
ダウンロードできますから,
興味がある人は是非ご参照ください.