2010年4月17日土曜日

理系のための研究生活ガイド 第2版

今日,東京では雪が降っているらしいです.
もう4月なんですけど(笑).

先日ご紹介いただいた,慶応大学眼科の
坪田先生の本である
「理系のための研究生活ガイド 第2版」
さっそく読みました.

まだ読み始めたところですが,
本の中から坪田先生の意気込みがビリビリと
伝わってくる意欲作です.

最初に印象的だったのが,研究者にとっての
四大条件
1)知的好奇心が旺盛であること
2)野心があること
3)しつこくせまること
4)楽天的であること

だそうです.
これは,すごく的を射ていると思います.
まず,長期的なビジョンを考える上で
野心は必要です.絶対に成し遂げてやるという
モチベーションになります.
そして,その目標を達成するために,地道に
しつこく頑張ること.ねばり強いことは重要です.

当然トラブルや挫折を経験するわけですが,
その時に楽天的で,なんとかなるさ!と
考えられることは重要ですね.

知的好奇心が旺盛であるということは,
常に新しいものを取り入れて,変化していく能力です.

本当に,この4つの要素は,研究者だけでなく,
全ての仕事に当てはまることなのでしょう.



まだまだおもしろいことが書いてあるので,
少しずつreviewしていきますね.


そして,おすすめのブログがあります.
同じ整形外科医の
まめ先生のサルドク日記

最近更新されたネタで
ドラッグラグとデバイスラグという記事が
非常にGoodです.ぜひ読んでみてください!

ブログランキング参加してます!
クリックしていただけたら励みになります。

にほんブログ村 英語ブログへ

本も少しずつ更新してます.

にほんブログ村 本ブログへ