2010年5月23日日曜日

久しぶりに英語の事など

今日は,大雨でしたね.

久しぶりに英語の事を考えてみました.

専門的な英語について
1)書くこと
幸い,個人的には書くことはあまり困ってません.
医者になって,最初に上達したのは書くことかも.
というのが,
・英語論文を書く
・native checkのため,アメリカ人に意見をメールする
・留学先と英語の文章でやりとりをする

など,比較的日本にいても英語を書く機会があった気がします.
でも,最初の頃は,論文を書くのってすごく時間がかかった気がします.

2)聞くこと
これは,本当に苦手でした.
nativeの言うことはおそらく,1割も分からなかった気がする.
この克服には,いろんな本に書かれているように,
とにかく,たくさんの時間英語の教材を聞いて,耳筋を鍛える.
(耳に筋肉ってあるのかな?)

最初は,教材をiPodに入れて聞きましたが,ほとんど聞き取れない.
聞き取れない英語をずーっと聞くのって,意外に苦痛ですね.
これを,続ければ,ある時期になると突然聞こえるようになるのですが,それまで継続する習慣を作るのが難しいかも.
結構挫折しちゃいますね.

実体験として,大人になってからでも,英語を聞き取れる耳になります.
逆に,高校の英語だけでは,しっかりと英語を聞き取れる耳にはならないのかも.
(そういえば,東京外大に現役で通った同級生は,いつも電車で英語を聞いてたなあ)

日常生活でnativeが使用する頻度の多い表現から順に勉強していくのがいいのかも.
そういった視点でおすすめなのが,下の本です.



3)英語を話すこと
実は,今の課題はこれです.
まず,思った事を話せるというのが一つと,後はできればきれいな発音をみにつけたい.
nativeの発音って,Phonicsで勉強するのが一番のようです.
Thank youは,サンキューではなく,Th+an+k となります.
Thは,サではありませんし,kはクではありません.
日本語は,子音と母音がセットになった発音が多いですが,英語は子音だけの発音が結構多いです.
これは,娘といっしょに練習してますが,娘の方が上達が早い...
最近よく教えてもらってます.



もちろん英語耳もおすすめ!



英語ペラペラになるまでの道のりは長そうですが,気長に頑張りましょう!