2012年9月26日水曜日

発表のためのスライド作り

去年までは,英語論文を書くことがもっぱらの仕事でした.

ですが,今年は
AOA traveling fellowshipに選ばれた
→現地で講演する英語スライドを作る必要あり

JOA HKOA fellowshipに選ばれた
→こちらも,香港で講演する英語スライド作る

来年備後地区で講演をすることになった
→日本語の講演スライド作る必要あり

などなど
なぜか,今年は,やたらと,スライドを作る必要がでてきました.

ということで,今日は,骨盤骨折(仙骨骨折)に関するスライドを作ってみました.

まずは,基本的な知識の整理

1)Instructional Course Lectures Spine



AAOSのInstructional Course Lecturesに掲載されている記事のうち,SPINEに関する話題を抜粋した本

2)Orthopaedic Knowledge Update: Spine 4


こちらも,AAOSのOrthopaedic Knowledge Updateについて,SPINEに関する話題を抜粋した本.調べ物に大変便利.

これらの本を利用して,知識を整理.
そして,そこで引用されている論文をひと通り,Pubmedでチェックしてみます.

大学の医局にいると,いろいろな論文がダウンロードできます.

もし,民間病院勤務や開業されている先生の場合は,

AO Spineに加入して,年会費を払えば,論文ダウンロードできますよ.
(AO traumaにも同様のサービスあり)
今日現在,AO spineで読める雑誌は
Spine
Clinical Orthopedics & Related Research
Journal of Orthopedic Trauma
Journal of Trauma: Injury, Infection & Critical Care
Journal of Pediatric Orthopaedics
European Spine Journal online
Journal of Neurosurgery: Spine online

その他便利だったサイト
以前のGoogle bodyが,今はZygoteにより「Zygote Body」としてホスティングされることになったようです
骨と筋肉を表示することもできるし
骨だけ表示することもできます.
任意の向きにくるくる回せるよ.

これは便利です.

などなど.
一昔まえに比べると,プレゼン用のスライドを作るのも簡単になりましたね.
その分,内容を深く掘り下げることも忘れてはいけませんが.