2012年9月4日火曜日

実力とプレッシャー耐性



photography by Luc Viatourちきりんのブログに興味深いエントリーを発見

実力を発揮する際に,プレッシャーに強くならないといけない.
という話.

今,大学で仕事をしているわけですが,この,プレッシャー耐性というのが,
本当に重要.

もともと,クリエイティブな人が,大学には集まってくるわけですが,
人間関係,トップダウンの仕事などが,自分の周りに鎖のようにまとわりついてくることがあります.

もっと実力を発揮できるはずなのに.
という人が,意外と実力を発揮できないことがあります.

このプレッシャー耐性をどのようにマネジメントするか.

1)あまり良い子として立ち振る舞わない
なんでも言うことを聞く人には,みんなが仕事を頼みます.
上司も,あいつに言っておけば,大丈夫.
と考えると,いろいろな仕事を頼みますね.
でも,あまり良い子でいつづけると,だんだんしんどくなってきます.

2)クリエイティブの反対は恐れ.
高城剛さんの本に書いてあった印象的なフレーズ
まわりの期待にそえない
職場をクビにされるかも
嫌われるかも
といった,恐怖を感じていると,クリエイティブな仕事はできなくなります.

別に,気に入られなくて,職場を変わることになっても,そんなに大きな問題ではありません.
そのような環境の中で頑張りつづけるより,新天地で頑張るほうが良いこともあります.

3)短期間頑張りすぎて,燃え尽きないようにする
自分の許容をこえて頑張りすぎると,どこかで破綻します.
60点で,OKと考えて,あまり無理をしないことも重要でしょう.

4)自分のインパクトを他人に与える3つの仕事を考える.
人の業績というのは,だいたい,その人がした大きな3つの仕事で評価されるそうです.
つまり,4つめ,5つめの仕事というのは,あまり重要ではないのです.
逆に,自分が最もインパクトを与えたい,3つの仕事は,徹底的にやっておくと,
あいつは,かなり尖った仕事をするな.
という評価につながります.