2015年3月22日日曜日

NPO法人と非営利型の一般社団法人

今日読んだ本に面白い事が書いてありました.


ずばり
非営利型の一般社団法人のすすめ.

私自身は,特定非営利活動法人(NPO法人)の活動にも参加していますが,
これとは別に
・非営利型の一般社団法人
というカテゴリーがあるのだそうです.
(H20年頃に制定されたようです)

それぞれどのように違うの?
と思いますよね.
この本から引用させていただくと

・NPO法人
設立までの審査の期間が長い
内閣府または都道府県において,財務状況を公開しなければならない.
社員が10名以上必要.
事業目的は,公益の増進を図る事業に限られる.
収益事業を行っていなくても決算等の報告義務あり.

・非営利型の一般社団法人
設立までの期間が短い(1〜2週間程度)
内閣府または都道府県において,財務状況を公開する必要無し.
社員2名以上.
事業目的は,法律に反しない限り制限なし.
収益事業をまったく行わない場合には,税務署への法人税の申告は不要.

最近,整形外科とNPO法人という話題について,
お話する機会が増えてきたのですが,
非営利型の一般社団法人
というのは,今後,ニーズが高まっていくかもしれません.

というのも,NPO法人は,上述のとおり,
社員も比較的たくさん必要で,決算等の報告もわりと大変です.

「NPO法人には魅力を感じるけど,労力的に難しいですね」
と言われる事がしばしばあり,
そういった場合に,後者を選択するのは,ありかもしれません.

・少人数で,新しいこと(事業)を始めたい.
・お金の出入りはあるけど,収益事業に該当しない.
などの場合にメリットがありそうですね.

(ちなみに,収益活動をしても全く問題なく,
その場合は,税金を収めれば良いのです.)

関連書籍
この本,先ほどアマゾンでポチりました.
興味ある人はこちらも読んでみてください.