2016年9月4日日曜日

携帯電話の利用料金

1年前まで,携帯電話とキャリアについては

自分 iPhone5s と au
家族 アンドロイド携帯 と Docomo
という構成でした.

ここ数年で大手キャリア以外にも
格安データ通信SIM(音声あり)を扱う会社が充実してきました.

ということで,1年前に,
自分 iPhone5sからiPhone 6sPlusに変更.
(6sPlusは,sim freeをApple storeで分割購入)
同時にキャリアを auからBIC SIM(IIJmio)に変更しました.

その後,家族はDocomoを使用し続けていましたが,
本日,家族もIIJmioのファミリープランに乗り換えが完了しました.

ということで,
大手キャリア(docomo, au, softbank)

格安データ通信SIM(IIJmio)
使ってみた感想を記事にしてみました.

・コスト
もちろん,値段を安くするのが目的でした.
月々の使用料金は,断然安くなります.

私自身は,1年ほど
IIJmioのライトスタートプランを利用していましたが,
音声通話も入れて,月額使用料金は,3500円程度

ちなみに,私の使用している
iPhone6SPlus(64G)+appleCare=税込125,928円
24カ月使用したとすると,1カ月あたり5247円です.
となると1カ月あたりの利用料金は,
3500円+5247円=8747 円(2年で買い替えた場合)
ちなみにauで利用していた時は,毎月12000円ほどかかって
いました.

大手キャリアの場合,2年縛りの問題から,
まだまだ使えるiPhoneを2年ごとに買い換えしていました.
でも,sim free iPhoneをいったん購入してしまえば,
2年半でも3年でも使い続けられます.
長くつかうほど,月々の使用料金は抑えられますね.

もちろん,(高価な)iPhoneではなく,
sim freeのアンドロイド携帯にすれば,
機種の選択肢も増えて,もっともっと利用料金を抑えることが可能です.

・コストに関するデメリット?
sim freeスマホを一括購入する際は,
そこで,まとまったお金が必要になります.


・つながりやすさ
安くなっても,つながらなければ意味がない.
でも,IIJmioはDocomo回線を使用しています.
ですから,つながらないことがストレスになることは
ほとんどありません.

私自身は,PCのテザリングでスマホを使用することもあり,
だいたいデータ通信に1か月あたり3Gほど使用しています.
でも,テザリングもせずに,LINEやgoogleの調べ物をする程度の
使い方なら,3Gを超えることはなさそうです.
(自宅でWifiを使うという前提になります)

・料金プランのわかりやすさ
これが,大きなメリットです.
大手キャリアの場合,料金プランが複雑すぎて,
全く理解できませんでした.
さらに,大手キャリアの場合,
・2年以上同じスマホを利用している人
・ライトユーザー
がかなり割高な料金を支払う構造になっていました.

でも,格安データsimを利用すれば,自分の使い方に応じた
プランをシンプルに選択できます.
プランの変更がネット上でできるのもメリットですね.
ちなみにBICカメラが扱うIIJmio(BIC SIM)は
BICカメラにスタッフがおり,対面でプラン変更することも可能です.
(今回ファミリープランに変更する際は,
ショップスタッフがわかりやすくサポートしてくれました)

さらにIIJmioに切り替えてから,
大手キャリアショップで長時間待たされることも
なくなりました.


格安データSIM利用上の注意点
・音声通話が割高
契約プランにもよりますが,音声通話が割高です.
意識せずに電話をかけているとお金が余計にかかります.
ですから,LINEで電話するといった工夫が必要になります.
ちなみにIIJmioの場合,みおふぉんというスマホアプリから
電話することで利用料金を抑えることが可能です.

・LINEの年齢認証ができないので,ID検索ができない.
LINEは普通に使えるのですが,年齢認証ができません.
私はあまり困っていませんが,気になる人はいるかも.