2013年1月6日日曜日

今年の目標?

新年早々こんな事をいうのも何ですが.

今年の目標を考えるのをやめました.
別に,ネガティブになってるわけではなく,むしろ新しい試みとしてです(笑)

その背景にある記事として
ちきりんのブログ
2012-12-29 来年の抱負) やらないことを3つ決めよう!

今年は,AOA traveling fellowshipでアメリカに行く事もあり,
「今年は,国際学会への参加はやめとこう.」
と決めました.
積極的な理由というよりは,消去法として.
(これ以上海外に行くと,怒られちゃうな.という意味)

すると,海外の学会の開催時期を調べたり,演題を考えたり
といった時間が必要なくなったわけです.
(かんたんに言うと,心理的な負担がへって,自由に使える時間が増えた)

そんな事を考えながら今日手にとった本が衝撃的な内容


↑書籍
↑電子書籍

この本,一言で感想を伝えにくいのですが
これからの社会に適応するために,
上手に「あきらめる」ことが大事だよ.
という内容(いやいや,こんな簡単にまとめられる内容ではないです)

気になったフレーズ
1)必要なのは、むしろ、身の丈にあわせて、欲望のスリム化、欲望のダイエット化をはかっていくことです
2)要するに、仕事にしろ、結婚にしろ「あなたはどんな人生を選んでもいいんだよ」「自由だよ」と言われ、そのため「想像上の欲望」(もしかしたらこんな人生を歩めるかも!?)は無限大に広がり、しかしいくら賢明に選択しても、その欲望を満たしてくれる対象のパイは最初からごく少数に限られており、結果、多くの人が満足感を得られず、しかも「満足感を得られないのは、自分の選択の誤りのためだ」と自分を責め、鬱々とならざるをえないシステムの中で私たちは生きているわけです
3)逆に、ただ漫然と、「豊かになりたい」「幸せになりたい」と、受け身的な姿勢で、自分を時代や社会に委ねて生きている人は、大きな喪失感ばかり抱いて日々を過ごすことにならざるをえないでしょう
4)すべてが縮んでいく「縮小社会」では、これまで当たり前の人が、当たり前のように手に入れてきた多くのことをあきらめざるをえなくなってきます

という内容です.

昨年読んだ本の中で,トップ3に入る本
↑書籍
この本とあわせて読んでみたら,良いと思います.

時代が大きく,大きく変わっていく.
その変化に逆らうのではなく,上手に
「あきらめる」
ことが大切になるのかもしれません.


編集後記
今回の記事は,Kindleハイライト使って,気になるフレーズをピックアップしてみました.Kindle便利です!

私のお気に入りブログ
メタノート
が,リニューアルオープンしました.
整形外科医のブログとは思えない,洗練された内容かつレイアウト!