2013年2月8日金曜日

金沢にTESを見学に行きました(手術当日)

金沢大学の脊椎チーフの村上先生に温かく歓迎していただき,
ついにTESを見学することができました.

TESといえば,脊椎手術の中で,最高難度の手術

ある程度の出血は覚悟して行うのが一般的です.
ですが,今日の手術は,拍子抜けするほど出血が少なかったです.
術野の展開も,大変丁寧にされており,少しでも出血があると,入念に止血されていました.

難易度の高い手術を行う際
手術スピードを上げてトータルの出血量を抑えるタイプ

丁寧に展開・止血して,トータルの出血量を抑えるタイプ
の二通りの方法があります.

村上先生は,おそらく後者のタイプですね.
僕自身も,色々な方法を見て,自分で試してみましたが,目指すべきは,後者のスタイルかな?と最近考えていました.
そんななか,最高難度の手術をされている村上先生の手術を見学できたので,
「自分の目指すスタイルで,間違いないな」
と確信できた1日でした.

金沢大学には,私と同年代の先生もたくさんおられて,
Facebookやブログで交流があったので,初めて訪問した大学病院なのに,大変温かい感じで手術見学を終えることができました.

金沢大学のスタッフの先生には,心から御礼を申し上げます.