2013年2月18日月曜日

contribution(貢献)

先日,これから先,人間の仕事がどんどん減っていく.
という話題をしました.

仕事に就くことが難しくなると思うと,暗くなりますが,
「自分が,周りの人にできる貢献とは何か?」
と考えてみると,新しい仕事のアイディアはあちこちに転がっています.

例えば英語が得意な人
ただ,英語が話せるだけでは,仕事になりません.

でも,例えば,
日本で病気になった外国人が病院を受診しやすいように,
総合病院で,まだ日本語のホームページしか作っていない病院について,
簡単な英語のホームページを作ってあげる.
というのはどうでしょう?

個人的なことですが,最近一眼レフのカメラを購入しました.
一眼レフのカメラがあると,かなりきれいな写真(人物,風景)がとれることがわかりました.
そこで,知り合いが,国際学会で発表しているシーンをきれいに撮影してあげる.
(撮影禁止の学会はダメですけどね.)
とか
自分の病院のドクターや看護師さんの働いている写真を綺麗に撮影して,
病院のホームページに載せる.
とか
退院する患者さんと担当の看護師さんを一緒に写真にとってあげて,次回患者さんが外来に来た時に写真をあげる.
など.

自分の専門分野から,少し外れたところには,まだまだ,困っている人(ニーズが満たされていない人)たちがたくさんいます.

その人達の役に立てることはないか?
つまり,”contribute(貢献する)”できることは何か?
を考えると,今後必要とされる仕事は,見つけやすくなりますね.