2013年9月30日月曜日

自分が変化できるかどうかで進路を決める

先日,とある飲み会で強く感じたことがありました.
慣れ親しんだ職場において
・自分が,今の職場にとどまる.
・成功するかどうかは全くわからないけど,大きく環境が異る職場に異動する.

自分のキャリアを冷静に考えてしまうと,人間どうしても前者を選んでしまいますね.
出世を考えると余計にそうなります.

変化=リスク
と無意識に考えてしまいます.
確かに,変化することにはリスクがあります.
でも,実は,変化しないことには,もっともっと大きなリスクがあるのです.

そもそも,世界がすごい勢いで変化している時に,
全く変化しないということは,むしろ大きなリスクをとっているといえます.

転勤するか?留学するか?
といった話があれば,
「どちらが得か?」
ではなく,
「どちらがより変化できるか?」
と考えてみると,答えは選びやすいかもしれません.

同じ環境の中で,どんどん変化を起こせる人もいますが,
どうしても同じ環境に長くいると,安定を求めてしまいます.
組織にとっても,少し不安定な方が,案外変化を起こして,
進化できるのかもしれません.