2014年3月30日日曜日

成功のための未来予報 10年後の君は何をしているか

先日購入した本のご紹介

成功のための未来予報 10年後の君は何をしているか 
神田昌典著
この本は,著者が高校生を前に講演した内容を本にしたものです.

本の目次を見ると,「ありえないよ」という内容
たぶん,普通に読んだら,ちょっと引く内容です(汗)

第1の未来予報 お金がなくなる
第2の未来予報 会社がなくなる
第3の未来予報 病気がなくなる
第4の未来予報 国境がなくなる
第5の未来予報 学校がなくなる
第6の未来予報 貧困がなくなる
第7の未来予報 制約がなくなる

たぶん,同じ内容を50歳の人達に話した場合,
共感を得ることは無理でしょう.
ただ,著者が本気で考え,伝えたい内容のようです.
頭が柔らかい高校生であれば,伝わるのでは?
という思いから,このような構成になったのでしょう.

私自身は,上記の内容については,「十分にありえる」未来だと思いました.

最近ですと
・資本主義経済の限界.貧富の差が拡大
・Twitter, Facebook, LINEといったSNSで広がる輪
・ビットコイン(インターネット上の仮想通貨)
・株式会社からNPO法人へ
・YouTubeでハーバードやスタンフォードの授業が聞ける環境
・電子書籍の一般化

といった流れが,すでに現実のものとなっています.
インターネットは,国境を超えたものとなっており,
もう少し,自動翻訳の機能が洗練されたなら,
各国の若者たちが,言葉の壁を超えて,スマホで交流する時代も
すぐそこまできているように思います.

著者は,以前から一貫して,
「英語学習」と「アジア全体をフィールドとして働くこと」
の重要性を指摘しています.

たぶん,現代の人たちがあたりまえに考える
・学校の先生
・医師 
をはじめとした多くの職業は,20年も経たないうちに消滅してしまい,
全く別の役割をになう職業に変わってしまうのかもしれません.

特に若い世代の人たちは,今の社会の延長線で仕事を考えるのではなく,
上記の第1〜7の予報を少し気に留めながら,
今後の社会が必要とする仕事について考えるのが,
現実的かつ面白い道だと思いました.