2014年7月21日月曜日

学会参加中に考えたことなどなど

国際学会に参加すると,普段よりも,
色々なことをボーっと考えることができます.

アイディアと移動距離は比例する(高城剛)
まさに,高城さんの言うとおりですね.
高城さんの本は,僕のバイブルみたいな物で,
何回も読み返しています.

今回旅行中に常に考えていたのが,
「これから先5年,10年.どのようになりたいか?」
というキャリア設計.

嫌われる勇気(岸見一郎,古賀史健)
嫌われる勇気も,もう3回読みました.
この本は読むたびにあらたな発見があります.
本の中で,
「過去や未来は自分の手ではどうにもできない.
今という時間に,強力なスポットライトを当てて,今を生きる」
「できることは,日々ダンスを踊るようにして,その場その場を,勇気を持って生きることだけ.線を描く人生ではなく,点と点がつながっていくイメージ」
ということが述べられています.

そうなんです.
結局,一生懸命未来を考えてみても,あまり意味はないんですね.
今考えたとおりの未来になるかどうかは,誰にもわかりません.
それよりは,今という時間に集中すること.
これは,Steve Jobsが言っていた
"connecting the dots"
とも共通するイメージ.
自分が歩いてきた道は,一つにつながっているけど,
その点を,未来に伸ばすことはできないんですね.

この動画も,落ち込んだ時など,何回も見て勇気づけられました.