2014年7月6日日曜日

久々のクラウド(オンライン)データベースの話題

現在,OSG(Okayama Spine Group)で運用中の
オンラインデータベースの話題です.

インターネットからオンラインでアクセスして,
症例の登録ができるシステム(Salesforceのサービスを利用中).

(注)過去の記事に興味のある方は,
ラベル:クラウドデータベースとビッグデータについて
でチェックを.

ずいぶんと使いやすいシステムが完成したのですが,
まだ改善すべき問題点があります.

1)手術記録を作成(手書きorデジタルデータ)
2)オンラインデータベースへの登録
という2つの作業は,別々に行われてきました.

でも,1)と2)には共通する項目が沢山あります.
例えば,手術術式,使用インプラント,手術時間,術中出血量...
そして,通常であれば,1)は日々更新されますが,
2)は,年末などにまとめて入力することになり,
年末の作業がとても憂鬱になります...(汗)

今までは,1)と2)は別の人が入力していましたが,
クラウドのメリットを最大限に活かすなら,
1)と2)を同時に完了できないか?
という疑問に達しました.

解決方法
オンラインデータベースに入力した内容を,
excelデータに抽出して,Excel上で手術記録を完成.
それをプリントする.


抽出したデータを基にして
Excel上で,レイアウトは任意に作成できるので,
各病院ごとに適正化された手術記録を簡単に作成できますね.

Excelで,いったん手術記録フォーマットを作っておけば,
データの抽出からプリントアウトまでは,1分以内に可能です.

なんで,もっと早く気づかなかったかな.
と思いましたが,なかなか良いアイディアだと思います.