2014年9月30日火曜日

成長曲線について考えてみる

・企業のライフサイクル
・個人の人生
を考えた時に,
「成長曲線」
を意識することが多くあります.


例えばアップルなら
・iPhoneの市場は成熟期に入っていて,
次にCarPlayやapple watchで新たな市場の開拓を狙っている

とか

・サッカー選手が引退して,コーチとしてのスキルを習得する

など

転勤,病気,出世など,良いも悪いも含めて,
大きな環境変化が身の回りに起こったら
「新たな成長曲線に乗り換えるタイミング」
を意識すべきでしょう.

変化に対して,逆らわず,新たな波をおもいっきり楽しむ
くらいのノリが良さそうです.

逆に,自分が上手くいっている時ほど,
次の波を探す必要がありそうです.

難しいのは,成熟期というのは,わりと上手く行っていることが多く
そのタイミングで,
「この状態がずっと続くはず.」
「このポジションのまま,さらに上を狙ってやろう」
となってしまうこと.

自分の得意な事に執着して,不得意な事をさけ続けていると,
本人は成熟期を維持しているつもりでも,
周囲からみると明らかに衰退期に突入していることも.

そういった意味で,
・転勤をすすめられる
・新たな仕事をまかされる
といった時は,今までの経験は忘れて,1からスタートする良いチャンスでしょう.
そうすれば,また新たな成長曲線にのって,
数年後には,面白い事が待っているかも.

上の図のように,新たな成長曲線に乗る際には,
一度沈む時期があります.
ジャンプをする前に,しゃがむのと同じですね.

一度沈んだ後に飛躍する.
逆にいうと,ずーっと直線的に伸びていくということは
あまり無いのかもしれません.