2014年11月3日月曜日

英語で質問する勇気とご褒美

岩手県盛岡市で開催された
日本側弯症学会
に参加してきました.

同年代の先生達との飲み会もとても楽しかったです.
初日,二日目ともに,
事前にスケジュールを合わせたわけでもなく,
複数の大学の先生方といっしょに情報交換ができました.

最近,良い意味で,異なる大学,異なる病院間の
交流が進んでおり,とても楽しくなっています.

学会自体も,内容が濃くて,とても勉強になりました.
英語のブログなので,少し英語の話題も.

少し年齢の若い先生が,その上の年代の先生達を
逆転するのに,
「英語は最強の武器になります.」

日本語の発表者に質問をする先生はわりと多いですが,
海外のドクターに英語で質問をするのはかなり度胸がいります.

・英語で質問して,恥をかいたらどうしよう...

といったところですね.
ですが,質問を受ける側より,質問をする側の方が,
わりと簡単です.

おまけに,学会が終わった後にでも,
発表者のところにいって,
「素晴らしい発表でした.
今度,良かったら,病院見学させてもらえないでしょうか?」
と名刺交換してみては?

自分の講演を聴いて,質問してくれた人
というのは,かなり好意的に受け止められます.
(積極性もアピールできますね.)
その流れで,留学したい!!
と言えば,8割以上成功しそうです.

日本人は英語を苦手にしている人が多い分
頭一つ突き抜けると,チャンスがたくさん巡ってきます.