2014年11月26日水曜日

逆を考えてみる習慣

意外と,オススメな習慣のご紹介

「忙しい」から「運動できない」
「お金が無い」から「おごれない」
などなど

まあ,そうだよね.
という発想があります.
でも,これって,たいてい逆なんですよね.

「運動していない」から「忙しい」
一瞬,そんななずないよ.
と思いますが
運動をすると汗をかいて頭がリフレッシュします.
もし,朝軽いジョギングをすると,その後の仕事は
かなり効率がupしそう.
土日も,疲れたからなあ.と家でゴロゴロしているよりも,
午前中にジムで軽い汗を流せば,
午後から頭が冴えます.
つまり,運動する習慣が無いことが,忙しさの一因になっている
とも言えるわけです.

お金が無いからおごれない.
というのも,
普段から,
お世話になった人

この人と,ゆっくり話してみたいなという知人には,
積極的にごちそうするようにすれば,
新しい仕事のアイディアを得たり,
仕事の依頼を受けたりすることで
収入自体がアップする可能性もでてきます.

でも,全く人間関係に対して,投資をしていないとすると
実は,色々なチャンスを逃しているのかも.

「忙しい」から「掃除ができない」
→普段から整理整頓していないから,時間のロスが増えている.

「周囲に迷惑をかける」から「長期留学なんて無理」
→留学して,新しい発想を得られるからこそ,
それを還元することで,周囲にも良い環境を提供できるようになる.

などなど
言い訳したくなったら,一度,文脈を逆転してみたら,
新しいアイディアが思いつくと思います.