2015年12月14日月曜日

整形外科医のブログの先生と飲みました!

2015年4月2日のエントリー 第3の選択肢

今年は、40歳の節目となる1年でした。
サンフランシスコに留学してきたのも
そんな中でいろいろ考えるところがあったから。

この1年は、これから先の人生について悩み続けました。
こんなに悩んだのは、小児整形をしている時(27歳頃)に
脊椎外科に進路変更したとき以来。

そんな中ふとしたきっかけで、新たな出会いがありました。
整形外科医のブログ の主とお会いできたのです。
きっかけは、本当に些細なことで、ブログ主が、
私のエントリーにコメントをしてくださっていたこと。
(しかも、それを私がうっかり見逃しており、
これまた私の大親友の先生がコメントがついているのを
教えてくれたという幸運も)

それからメールでやりとりをした後、
”整形外科医のブログ”の主とお会いしてきました。

(そのやりとりについては、こちらにも記事をいただきました!)

出会った感想
・こんなに自分の中で興味をかきたてられる人はいない!!!

この先生は、私と考え方に共通点があり
・医師としての仕事以外に、複数の収入源を確保している。
・新しいアイディアを事業レベルにまとめ上げることができる。
・実行力がある。
・一般的なキャリアに疑問をもち、自分の考え(信念)に従って自由に生きている。


医師の仕事だけをしていると、だんだん視野が狭くなってくる。
以前のエントリー:視野について 
たとえるなら、日本食だけを毎日食べ続けている状態。
そうすると、だんだん日本食(医師の生活環境)の悪口を
いいたくなるものです。味が薄い。とか

ですが、今回お会いした先生は、複数の収入源をおもち。
いうなら
日本食以外に、イタリアン、フレンチ、メキシコ料理などといった選択を
生活の中にお持ちなのです。
すると、
「日本食(医師の仕事)の特徴、他の食事(仕事)にはない良さ」
がわかるのです。

私が、(複数の事業をすでに成功されている)その先生に
「医師の仕事を今後もつづけていかれるのですか?」
とお聞きした際も、
「正直な話、医師の仕事をつづけるよりも、他の仕事に専念したほうが
収入は増えるのです。でも医師の仕事は続けていくつもりです。
なんといっても、医師には、他の仕事で得られない満足感がありますから。」
とおっしゃられていました。↑ここ、本当に惚れそうになりました(笑)

このあたりから、私のスイッチが入ってしまい、
ちょっと質問攻めみたいな感じになってしまいました。
1例ですが、セミナーに関しては
・今度、JOA総会でセミナーをしようと思うのですが、
 事前に参加者を把握するにはどうしたらいいのでしょう?
・参加費って事前にあつめたほうがいいですよね。
・ところで参加費ってどれくらいがいいんですかね?

こんな感じでした。
そして、すべての質問に対して、
この先生は明確な回答(ポリシー)をおもちでした。

自分が普段、ストレート、カーブ、フォーク、シンカーといった
様々な球種の投げ込みをしていたとして、
初対面でお会いした彼(キャッチャー)に全力でボールを投げたら、
すべて落とさずキャッチしてくれた。
といった感動がありました。

このようなお話ができる友人が、私には10人弱います。
そのような先生に共通しているのは、
・実際にアクションをおこしている
・規定路線からはずれても、堂々としている
・イノベーターである
・自分のアイディアの押し付けではなく、人の話を聞ける柔軟性がある

そして、そのような先生たちとお話していると、
自分の中のアイディアが、どんどん良い方向に
洗練されていくのです。

Googleは、社員に対して勤務時間の20%(?)程を
今進めているプロジェクト以外の創作活動にあてることを
推奨しているようです。

今回彼にお会いできたのも、まさに創作活動の中で得られた
成果だったと思いました。
いっしょにすごした数時間はあっというまに過ぎてしまいました。
最後に、次回の再会をお約束してお別れしました。




長文になりましたが最後まで読んでいただけた方へのメッセージ

2016年のJOA総会にあわせて、とても面白いセミナーを開催します!!

告知は後日。お楽しみに〜