2010年6月12日土曜日

感動した(小泉さんのテンションで)!


いや〜。和歌山すごいよ。本当にすごい。
なんどでもいいますが,すごい。

昨日,第1回和歌の浦低侵襲脊椎外科セミナーに参加してきました。
午前中に内視鏡下の除圧術(2椎間,片側侵入両側除圧)をオペ室の中で見学しました。

もう,本当に技術の高さに感動しました。
ここ数年でみた手術の中で,一番の感動でした。
オペ2時間ちょっとですよ。しかも,質問にも丁寧に解答されながら。

ここに宣言します!
「内視鏡除圧語るなら,和医大の手術見てからにしてちょうだい。」

正直,すごく狭窄が強い患者さんには,内視鏡は無理じゃないの?と思ってましたが。
内視鏡の除圧は,完璧です。
すいません,今まで疑ってました(90度の角度でお辞儀)!

吉田教授からも,直接手術のコツをおききしました。
ちょっと専門的になるのですが,フレキシブルアームを緩めに設置するのが一つのコツの様です。
吉田教授が,「上手になるまでは,車の運転でも,ガチガチになるでしょう〜。少し緩めにした方がいいんだよ。」とのこと。

そして,午後からはライブ手術!
手術室で,3件のオペを同時進行して,それをセミナー室で見学するというもの。
オペレーターの先生は,マイクをつけており,会場からの質問にもその場でコメントをいただけました。



↑ライブの雰囲気をちょっとだけ。
右下のモニターには,透視画像や内視鏡画像が表示されます。

6/10夜は,南出先生に,おいしいお酒をごちそうしていただきました.
南出先生,「和歌山ラーメンうまかったです!」

6/11セミナー後の懇親会では,以前ブログにコメントをいただいたこともある,優々先生といろいろお話できました。
1975年8月生まれが,共通の2人ということで,チームラビットを結成しました(うさぎ年生まれ)。
ブログへのコメントお待ちしとります。

ではまた!