2012年7月1日日曜日

LCCについて

ローコストキャリア (Low-Cost Carrier: LCC)について質問を受ける事が多くなったので,もう少し解説してみます.

LCCは,日本語で言うと「格安航空会社」のこと
最近だと
Peach
Jetstar

日本は,LCCの導入が遅れた経緯があるようですが,最近一般的になってきました.
もちろん,アジア,欧米には,たーくさんのLCCがすでにあります.

よく受ける質問
1)安い=危険(墜落する)?
個人的には,LCCの安さは,サービスコストの削減が大きな理由だと思いますから,安全性を犠牲にしているわけではないように思います.
実際,LCCが,墜落したニュースを多く聞くわけではないですよね.

2)安い=サービスが悪い?
これまでに,2回ほどしか使った事が無いので,全般的な事はわかりません.
でも,印象としては.
過剰なサービスは無いけれど,不親切なわけではない.
という感じ.

3)席が狭い?
これは,そのとおりです.かなり狭い飛行機も多いです.
ですから,個人的には,4時間超えるフライトは厳しいかな?とおもいます.
たくさんお客さんをのせるから安いんでしょうね.

4)その他
持ち込み荷物が多いと,追加金額が必要になります.
また,機内の飲食についても有料です.
そして,LCCは,いかにして,たくさんの人を効率的に運ぶか?
を追求しているので,チケットの値段がかなり変動します.
ですから,普段から時々チェックしておくと,お買い得なチケットを手に入れることも可能になりますね.
他のデメリットとしたら,マイルが貯まらない.
というのもあるかも.

大きなメリットとしては
1)片道のチケットが買える.
通常,大手航空会社のチケットは,往復購入が原則です.
(片道で買うとかなり,かなり割高になります)
しかし,LCCの多くは,片道チケットの購入が一般的.
ですから,アジアに行くなら,
日本→セブ島→ホーチミン→日本
という移動が可能になります.
以前なら2カ国移動する場合は
日本→セブ島→ホーチミン→セブ島→日本
というふうに,出国と帰国を同じ空港にする必要がありました.

2)ネットでチケットが買える
これは,普段ネットでホテルを予約したり,チケットを予約できる人には大きなメリットですね.
でも,ネットでチケットを予約することに抵抗がある人には不向きかも.
ちなみに,JTBやHISなどの旅行代理店で飛行機について質問しても,LCCをすすめられる事は少ないです.
LCCの予約は,個人がネットでするのが原則のようです.

3)もちろん,最大のメリットは値段が安い
これは,最大のメリットですね.
飛行機の移動コストを下げることができれば,もっともっと気軽に海外に行く事が可能になりそうです.