2013年3月31日日曜日

評価と贈与の経済学読んだ

久しぶりに面白い本にめぐりあいました


↑書籍
↑電子書籍

「自分は,こんなに働いているのだから,もっと給料をもらってもいいはず」
と思いたくなる時ってありますね.

上記の本の中では,
贈与する人を起点として,お金が回りはじめる.
と書かれていました.

普通,
「たくさんお金をもらった人が,人に贈与するもんだろう.」
と考えます.
でも,実は,
「人にたくさん与える人の元に,お金があつまってくる」
ということみたいです.

これ,サッカーに例えると,非常にわかりやすいです.
つまり,
「自分は,こんなに働いているのだから,もっと給料をもらってもいいはず」
→俺にもっとパスをくれ.
「たくさんお金をもらった人が,人に贈与するもんだろう.」
→俺にもっとパスをくれ.その後,パスを出すかどうかは俺が決める.

まあ,こんな人の元にパスは集まらないわけです.

逆に,
「今自分の元にパスがきたら,ワンタッチで,逆サイドの選手にパスを出そう」
という考え方は,
「今度給料が入ったら,○○のために使おう.」
と同義だとわかります.
こんな人の元に,ボール(お金)は集まるのでしょう.

つまり,「見返り無しで,お金,アイディア,技術を人に与える事のできる人の元には,さらにギフトが与えられる.」
という事実.

サッカーのファンタジスタが,
「誰も予想しないところにパスを出せる」
というのは,
「今,自分のところに,ボール(お金,アイディア)がきたら,次に何処にパスをだすか?」を考えるのと同じ.
「パスを何処に出せるか」
を常に考え続けて,実際にボールを受けたら,瞬時に,最適のパスを出せる事が大切.

興味のある人は,ぜひ読んでみてください.
ちなみに,僕は,Kindleで電子書籍を読みました.
500円はお値打ちですね笑