2014年12月30日火曜日

google scholar 便利です

最近にしては珍しく(?)英語ネタをブログで紹介していたところ,
またまた有用な情報教えていただきました!
私だけにとどめておくのはもったいないので,
早速ご紹介です.

あるテーマについて,論文を書く場合
1)Pubmedでキーワード検索
2)最新の論文の中で,よく書けているものを2~3選ぶ
3)その論文の中で引用されているものを過去にさかのぼる.
いわゆる孫引きという方法ですね.

(修正ここから:2015/1/1)
孫引きするとは
直接に原典から引くのではなく,他の本に引用された文章をそのまま用いること.「論文の引例をそのまま―する」goo辞書より
というのが正しい意味ですとご指摘いただきました.
上記の3)は正統派で,本来の”孫引き”という表現には,
孫引きしないで,きちんと原著を読みましょう
というニュアンスが含まれるんですね.
(修正ここまで:2015/1/1)

今回教えていただいた方法は,逆で
1)Pubmedで古い論文で,よく書けているものを選ぶ
2)その論文をgoogle scholarで検索
実際に,自分が過去に書いた論文でやってみました.


このように,論文がヒットします.
引用元13をクリックしてみると.

驚き1)
なんと教科書に引用されているではないですか?!
ちょっと嬉しいですね.
rejectが続いて,やる気無くなったら,
google scholarで自分の引用先を眺めて,やる気を回復するしかない!
(引用ゼロだと,かえって落ち込む可能性もありますが...)

驚き2)
自分が書いた論文を引用してくれた論文を読むと,
その分野の最新のトレンドがわかる.
これ,結構大事でして,数年前に書いた論文について,
シンポジストなどが回ってきた時には,
最新のトレンドについて簡単に知ることができますね.

驚き3)
Open accessの雑誌で,無料でPDFゲットできることがある.

いやいやgoogle scholar恐るべしですね.
とても便利ですから,皆様もぜひ!