2010年11月6日土曜日

ミラノ留学:不審者侵入?!

今回の留学中で一番驚きのイベントがありました。
タイトルの通り,我が家(宿泊施設)に不審者侵入?!事件です。

皆さんも,犯人を捜してみてください。

2日前に,家に帰ると,一番奥の部屋に何故か張り紙が。
(内容は,イタリア語辞書で調べたけれど,「神経外科医」としかわかりませんでした。)
宿泊施設には,以前ご紹介したとおり,リビング,キッチン,浴室(シャワー),ベッド1つの部屋,そして,2階建てベッドのある広い部屋(一番奥の部屋.今回鍵がかかった)で,全部で5つも部屋があるのです。
そして,その一番奥の部屋に鍵がかかっているのです。

「管理人だからって,勝手に人の家に入るなよ〜。部屋の修理でもするのか??」
て,その日はちょっと不機嫌でした。
この部屋は全然使ってなかったから,影響はありませんでした。

そして,今朝,超びっくりする事件が。
いつも通り,シャワーを浴びようとしたら,そこに知らないボディーソープがおいてある?!
昨日,張り紙がはってあった後に,一度シャワー浴びた時には無かったので,少なくとも,2回誰かが侵入していた事になります。
しかも,深夜に侵入!!もしかして,まだ家の中に犯人がいるかも。

えーーーーっっっ!!恐ろしすぎる。
2日前に,管理人さんが入ったと思われるタイミングで,貴重品は確認したけど。。
その瞬間から,全身の五感を働かせて,犯人を捜しました。

皆さん犯人がお分かりでしょうか?

答え
実は,僕が広いと思っていた宿泊施設は,複数の人が泊まるように作られていたのです。
玄関の扉は,おそらく,複数で共有して,キッチン,シャワーの部屋も共有。
僕が使用できる部屋は,ベッド1つの小さい部屋だけだったのです!
この時点で,もらった鍵の中で,全然使った事無い鍵が,このベッド1つの部屋の鍵であることが判明。
つまり,僕が広すぎてありがとう。と思っていたのは,皆の共用スペースの事で,私に与えられた部屋は,ちっちゃな1室だけだったのです!

だから,一番奥の部屋には,おそらく神経外科医の先生が2日前から泊まっているのですね(笑)。
その後,冷蔵庫みたら,ミルクとか買ってあるし。

すいません。私,1ヵ月間みんなで使う共用スペース,独り占めしてました。
てか,実際一人しか住んでなかったわけですが。

そう思えば,メールに,「部屋が狭いけど良いか?」って書いてあったし,Lamartinaの秘書さんにも,「部屋は快適か?」て聞かれたなあ。
(その時は,めちゃめちゃ広いっす!て元気に答えたけど)

それに気づいたので,あわてて,共有スペースの私物を全部かたづけました。
神経外科医の先生も,びっくりしたでしょうね。
「ジャポーネが,えらい散らかし放題だ(怒)!!」と(笑)。ごめんなさい

でも,この年になって,海外で共同生活,無理でしょ。ホテルに引っ越そ。
シャワーから出て,「やあ,おはよう」とかありえないもん。
でも,お詫びに,引っ越す前に,神経外科医の先生に,残ったビールプレゼントしよ。