2011年8月21日日曜日

最近刺激の多い本が大杉

最近読んだ本から,色々な刺激をいただいております.

今日読んだのは,以前から僕の大好きな作家である
神田昌典さんが監修した本

優しい会社


神田さんは,以前から,70年周期で歴史が繰り返される
という考えを支持してます.
そして,その周期を春夏秋冬でわかりやすく解説してます.
今回の著書は,戦後から今に至る,時代の流れを
春夏秋冬のストーリーで解説したものです.

終戦をむかえた1945年からもうすぐ70年経つんですね.
今回の震災も,第二次世界大戦に匹敵する歴史的なイベントと考えられます.

そして,2011年を季節で考えると,秋から冬に移行する時期みたいです.
冬は,春に備えて,いろんな種を蒔く季節.
そして,これまでの価値観の見直しが必要とされる季節のようです.

今年になって,僕が読んだ本にも,この歴史的な転換期に向けて,必要な知恵が色々書いてありました.





そんな本を読んでみて,再認識したのが
英会話,SNS,ノマドワーキングというキーワード.

これから,冬の時代にすべきことは,その先に来る春に備えて,種まきが必要になるんですね.
今までの価値観にとらわれずに,色々新しい事を考えていきたいと思います.

とりあえず,フィリピンに行ってみて,英会話スクールの現状や,アジアのパワーを感じてこようと思います.
そして,最近妄想しているのが.

海外で医者として働く可能性について.
今まで,そんなこと考えたこともなかったけど,例えばアメリカで手術をしたい.
とかは,これまでにも道がありましたが.
香港,ベトナム,フィリピン,タイで医者として働けるのか?
といった可能性については,全く考えたことも無いし,身近にそんな事をする人もいなかったわけです.

でも,今後10年を考えると,アジアの中で,新しく職を得るというのもまんざら不可能な話しではなくなるかも.

今は,できるだけ,可能性を広く信じて,情報を集めていこうと思っています.