2011年8月8日月曜日

認定NPO法人iHopeから出版の本が非常に面白いです。

以前、がみ先生から教えていただいた情報の続報です。

過去記事
運動器疾患の臨床研究寺子屋セミナー
おすすめすぎな本

iHopeは認定NPO法人。
我々のOkayama Spine GroupはただのNPO法人。
認定NPO法人になるには、いろいろな基準をクリアしないといけないのです。

そんなすばらいいiHopeから出版されている本が、とてもとてもGoodなのです。
値段が1冊2000円〜4000円程度というのもうれしい。
しかも、以前はAmazonで購入できなかったのに、いつのまにかアマゾンにのってるし。

内容も非常に具体的でわかりやすいんです。
例えば
例題:このリサーチ・クエスチョンのどごがよくない?
RQ:大都会には皮膚疾患が多いか?

みなさん、即答できますでしょうか?
その他、交絡要因、観察研究と介入研究の違いなどなど。
臨床研究を計画、実行する上でのピットフォールが詳しく書かれています。
臨床研究する大学院生やその指導者は、ぜひ一度目を通してみてください!!

本は、薄くて内容が具体的なので、1冊30分もあれば十分読めちゃいますよ。
もちろん僕も大人買いしちゃいました。