2011年11月14日月曜日

働くことに求める価値観

みなさんは,がむしゃらに働いていますか?
それとものんびり働いていますか?

これは,どちらが良くて,どちらが悪い.
といった議論ではなく,その人がどんな人生を歩みたいか.
によって決めるべきものでしょう.

がむしゃらに働く事のデメリット
家族との関係が崩れやすい?
仕事だけに,1点集中すると,会社が倒産した時に,別の仕事に転職できるかどうか?
仕事に100%の時間を投資すると,職場のポジションを失ったときのショックが大きい.
(退職した時に,からっぽになりそう)

のんびり働く事のデメリット
自分の市場価値が下がる?
いざ,転勤となった時に,今と同じ環境が今後も維持できるのか?
(人間は歳をとります.自分より若くて元気な人が現れた時に,どうなるか?)

それぞれ,いいことばかりでもないし,わるいことばかりでもありません.

人生の中で,実力が伸びやすい時期に,2~3年,仕事にどっぷりのめりこむ事は,
その後の人生に非常に良い影響を与えるでしょう.
でも,逆に,何年も家族を顧みずに仕事に没頭する事にも,それなりのリスクが伴います.

そして,個人,個人の考え方も多様ですが,時代の流れとしては,以前のように,がむしゃらに仕事に没頭するようなライフスタイルが良いのか?といった転換期にさしかかっている印象もあります.

5年後,10年後を考えながら,キャリアについても考えておく必要がありますね.