2011年12月30日金曜日

英語論文についてあらためて考えてみた

年末は少しゆっくりとした時間が確保できますね.

普段,「論文たくさん書かないと行けないなあ」と思いながら,
論文を書いています.

でも,一流の雑誌にacceptされるのは,なかなか難しいです.
なぜ,acceptされなかったのか?
について,普段は忙しくて考える余裕がありませんでした.

論文を次から次に書く事も,もちろん重要です.
でも,もう一度,基本に戻って,論文の書き方を勉強しなおしてみようと思いました.

特に,自分と同じような内容の論文で,一流雑誌にacceptされた論文があれば,
「なぜ自分の論文は落ちて,この論文はacceptされたか?」
を考えてみたいと思います.

OutputとInputは,どちらか一方だけではダメですね.
次に大きく飛躍するためには,少し基礎を固めておくことも重要だと思います.

以下は推薦図書です


この本は,今読んでも非常に勉強になります.
読みやすく,すぐに実践に役立つのでおすすめ.







認定NPO法人iHopeから出版されている本
読みやすく,値段も手頃です.
これらの本も,できれば研究を開始する前に読んでおきたい本ですね.
特に,スタディーデザインは,途中から変更する事ができないので,事前に知識を持っておきたいです.