2012年6月26日火曜日

英語でへこまされた時の対処法


英語を勉強していると,時に落ち込むことがあります.

1)Native speakerの発音が早すぎて,全く聞き取れない.
2)発音が悪いとダメ出しされる.

などなど.
結構な精神的ダメージを負うこともありますね.
英会話が嫌になっちゃいます.

そんな時の対処法

僕の場合は,イタリアに留学した時に,Lamartina先生から言われた言葉を思い出すようにしています.

過去のエントリー
ミラノ留学:Lamartina先生の自宅でパーティー

Lamartina先生
「皆がNativeのように英語を話す必要はない.
自分の実力に応じて自信を持って話しなさい」


英語を上手にしゃべることが目的ではなく
相手の考えを聞き,こちらの意見を相手に伝えるための手段


そして,基本的に,英語を母国語とする人と同様に話せるわけがない.
という大前提.


日本人の英語をけなすのは簡単ですが
逆に,海外から留学してきた先生が,プレゼンを日本語で頑張っていたら,僕なら尊敬します.


まあ,アメリカ人は,英語以外の言語を取得する必要性が少ないので,第二外国語をマスターする事の苦労は,あんまりわからないからねえ.
と開き直ってしまいましょう.


もっと自身持っていいぞ日本人!!
と自分にも言い聞かせてみた(笑)