2015年8月18日火曜日

Airbnb(エアビーアンドビー)

9月のシルバーウィークにUCSFを訪問すべく,
B-1 VISA取得したり,UCSFへの提出書類を準備したり.
結構たいへんでした(汗)

そういえば,ホテル予約してなかった!
と気付き,Hotels.comで,病院(サンフランシスコ)近くのホテルの値段をチェック.
うーん.予想通りとはいえ,高い...
平日 ゲスト評価4〜5で,1泊あたりのホテル代金調べると
・1泊3万円未満のホテルは6件
・1泊3万円以上のホテルは64件!!!

いろんな考え方がありますが,この条件だと,安宿探すと,
かなり治安の悪い場所だったりするリスクが高そうです.

エリア毎に,だいたいの相場というのがありますから.

何か良い方法はないものか.と考えていていたところ,
最近チェックしている”整形外科医のブログ”に
Airbnbに関する情報が掲載されていて,
とてもユニークなサービスだなと思いました.

Airbnbというサイトについては,
まだ日本では聞き慣れない方も多いと思いますが,
Airbnbは,もともと
Airbedandbreakfast.com(bed and breakfast)という名前を
Airbnb.comに短縮したもので,
宿泊施設を貸したい人と借りたい人を結びつけるサイトです.

サンフランシスコで開始されたサービスのようですが,
すでに,日本語サイトもかなり充実しています.

なんと部屋だけでなく,お城を借りることも可能?!とのこと
さっそく,サンフランシスコで検索してみると,
結構な数の人が部屋を提供してくださっていることがわかりました.

でも,普通個人が部屋を提供すると聞くと
・到着してみたら,写真と違ってボロボロの部屋だった
・そもそもお金を振り込んで訪問したら,部屋が無かった.
などなど,リスクを一番に考えますよね.

また,オーナーサイドも
・部屋を善意で貸したら,中のものを盗まれた.壊された.
といったことも考えられます.

このサイトが上手く運営されているポイントとして
・ゲストと,部屋を提供しているオーナーに対して,実際に貸し借りした人たちがレイティング(点数付け)する

つまり,
・悪いことをすると,悪い点がつき,評判を一気に失う.
・たくさんの良い評価がついていると,信頼が高まる.
といったものを上手に利用しているんですね.

まだ,利用したことが無いので,なんとも言えませんが,
利用した人たちの感想を読んだうえで,推測すると
・一般のホテルに泊まることでは得られない,現地の人と交流がうまれる.

例えばですが,
ドイツに行って,現地の若者が提供している宿に泊まる.
→そこで仲良くなり,今度は,ドイツのオーナーさんが,自分の住む町に遊びに来る.

といったことも,わりと実現できそうです.
(最近では,FacebookやTwitterで,このあたりの結びつきは簡単になってますから)

他にも
・仕事をリタイアした日本のご夫婦が,子供が自立して不要になった部屋を海外の人に貸し出す.
→収入も得られるし,海外から来た人と英語でコミュニケーションをとる楽しみが得られる.

などなど.
今後,かなり一般化しそうなサービスだなと思いました.

てことで,思い切って,UCSF滞在の宿はAirbnbで予約してみることにしました.

後日報告予定です.お楽しみに.