2015年8月30日日曜日

多施設研究:オンラインデータベース入力率向上にむけた工夫

現在,整形外科における
オンラインデータベースに取り組んでいます.

最近では,知り合いの先生から,
講演としてお招き頂く機会が増えました.

オンラインデータベースとは?
・多施設研究を行うための登録をインターネット経由で行う方法

手術のデータベース管理について,
入力率を高めるためのコツ.

それは
・手術記録をオンラインデータベースで作ってしまう.
というもの.

実は,データベースに入力すべきことの大部分が,
手術記録に入力する事と重複しているのです.

以前は
・各人が作成した手術記録(デジタルデータ)を紙にプリント.台帳にはさむ.
・私が年末に台帳に挟まれた,紙の手術記録をもとに
 オンライン・データベースに入力

というステップをふんでいました.

ですが,デジタルデータを2回入力する.
というのが,とてもとても無駄.

そこで,
・手術記録を年末にデータベースに入力する.
のではなく,
・オンラインデータベースに入力すれば
 手術記録としてプリントできる.
というふうに視点を変えるのが重要だと気付きました.

手術記録を作らない人というのはほとんどいないと思いますので,
手術の日にデータベースに入力,プリントして手術台帳に挟む.
というふうにできれば,理想的.

また,年末にまとめて入力するとなると,
手術内容がデータベースに反映されるのが,常に1年後になってしまいますが,
この方法であれば,毎日最新のデータを参照できます.

スライドで説明



実際に,こんな感じで,簡単にプリントできます.
今後導入を考えている施設の先生方には,この方法が超おすすめ!