2010年7月23日金曜日

NPOの本読んだ

先日、のりのり先生にお勧めしていただいた
「20円で世界をつなぐ仕事」を半分ほど読みました。

1)NPO法人の可能性
2)逆に、NPO法人であるがゆえの苦労

などが、非常にわかりやすく書かれていました。
著者の小暮さんは
Table For Twoという活動を行っています。
これは、非常におもしろい活動です。
20円というのがキーワードなんです。

アフリカで食糧難で困っている子供たちに、給食を届けようというのが基本にあるコンセプト。
ただ、これだけだと、今までのボランティア活動とあまり差がありません。

日本は、飽食によるメタボが増加。
ということで、Table For Twoプログラムでは、日本のメタボも解消しようというコンセプト。

どうするかというと。
日本の職員食堂で、非常にヘルシーな食事を提供。
この食事の内、20円が、アフリカの子供たちへの寄付金になるというのです。

日本人 ダイエットできて、かつ20円は自動的にアフリカの子供たちの給食費になる。
アフリカの子供たち 20円は、1人1食分の給食費になります。

日本人が、自分の健康をキープしながら、アフリカの子供たちのサポートもできちゃうこのプラン。
すごく良い発想です。

でも、この企画をNPO法人として運営していくには、いろんな壁があったようです。
僕も、NPO法人の運営に携わっているので、「うんうん。そうだよね。」と共感する部分が非常に多かったです。
小暮さんは、非常に正直な方だなあと、思いました。

NPO法人の運営を考えている人にはおすすめです!
そして、のりのり先生いつも本を紹介していただき、ありがとうございます。