2010年7月16日金曜日

NPO法人の活動など

先日更新したブログ記事(アメリカの医学制度)について,いろいろな先生からコメントをいただきました.
興味がある方は,コメントをごらんください.

現在,岡山大学脊椎グループは,Okayama Spine Group (OSG)というNPO法人としての活動を開始しています.
以前もブログで紹介しましたが,今年はいろいろな活動が行えそうです.

まず,OSGの活動目標の一つに,若手医師の育成があります.
脊椎外科というリスクを伴う手術を,安全に行うこと.そして,手術の技術を標準化することなどが目標です.
これについては,いくつかの企業と共賛で,海外でカダバーセミナーを開催したり,国内で手術のトレーニングを行う予定です.

NPO法人を運営してみると,いくつか興味深い発見がありました.
まず,「脊椎外科医を育成する」という目標を達成するために何ができるか?ということを,医師個人としてではなく,NPO法人として考える事ができるという点です.
NPO法人に関わる前は,自分が,セミナーに参加して,技術を習得するという視点で考えていましたが,NPO法人の活動においては,「脊椎外科医を育成する」という視点で,何か良い方法は無いかなあと考えるようになりました.
脊椎外科医育成という目標に対して,いろんなアプローチの仕方ができそうです.
ゼロから行うことなので,いろいろ問題もありそうですが,ワクワクしますね.

幸い,NPOの活動に賛同してくださる企業が複数あり,アイディア次第でいろいろな活動ができそうです.