2011年9月3日土曜日

久しぶりに英語論文書いてみた.


Flickr By BlueLunarRose

今日は,台風のため外出できないので,朝からケースレポートを書いてます.

過去に何度か紹介した
googleを使って英文を書く方法が,最近僕の中でかなり便利だと思うので紹介してみます.

まず,インターネットのブラウザですが,僕はChromeを使っています.

Chromeとは

英語論文書いてて,今日実際に使った場面をご紹介.

1) ワードに ragiologist って入力したら,単語が間違っていると表示された.

こんな時は,普段サイトのアドレスが表示されている所に,直接ragiologistと入力してEnter keyを押します.


するとragiologistではなく,radiologistであることがわかります.


さらに,論文を書いてると
2) One of serious complications ってナチュラルな表現?
という疑問がわきました.
早速," "(ダブルクオーテーションマーク)を使用した,フレーズ検索

このフレーズが,インターネット上で3010件使用されていることがわかりました.
うーん.あまり使われていない感じですね.

てことで,フレーズを
"One of the serious complications"に変更してみたら.

919,000件ヒット.the をつけた方が,ナチュラルであることがわかりました.

てな具合に,利用してみると便利だと思います.
フレーズ検索については,下記の本がおすすめです.


3)英語のweb辞書
これは,英辞郎 on the web がおすすめです.