2012年5月3日木曜日

時代の変化についていく

スティーブジョブスが,好んでいた引用した名言として
プロアイスホッケー選手の言葉
「私が滑り込んで行く先はパックが向かってくるポイントであり、パックがあったところではない」
があります. 

自分が,5年あるいは10年先に,どういった仕事をしたいか?
という疑問が,いつも頭の中にはあります. 
僕らは,社会の仕組みが,大きく変化しているまっただ中にあり,
 その答えを,
「現状の延長線上」
に考える必要は全くありません. 

むしろ,現状の延長上に模範解答は無いと考え,
「これから10年で,社会はどのように変化するか?」
 について,直感に基づいて考える必要がありそうです.

 長引く不景気
世界に先駆けて突入する超高齢化社会
 SNSにより生まれるフラットな人間関係 
などが,これから先のキーワードになりそうな感じ.

 今は,旧来型の価値観がまだ職場の中に浸透していますが,5年後,10年後には,まったく新しい価値観に基づいて仕事をすることになりそうです.

 時代の変化に柔軟に対応するためには,「変化を恐れない」ことが一番重要だと考えています. 
新しいiPadが発売.→とりあえず,使ってみる.
中国やインドが好調 →夏休みに,とりあえず行ってみる.

 などなど. 
時代の変化に柔軟に対応するために,何をすべきか? 常に考えていたいと思います.