2012年5月15日火曜日

時給で考える習慣

GW開けから,緊急手術の連続で,更新が滞ってしまいました(汗)

僕は,職場も自宅もMacを使って仕事をしています.
最近は,MicrosoftのOfficeを購入しなくても,Openofficeといったフリーソフトソフトを使えば,WordやPowerpointの資料を作成することができます.
僕自身も,「無料だし,Openofficeでなんとかなるかも.」
と考えていました.

でもでも.
こういったフリーソフトを使って作業をすると,文字がずれてしまい,後から修正が必要になることもしばしば.
昨日も,その文字のズレを修正するのに,結構時間を消費してしまいました.

Openofficeが無料だから.
という理由だけで選ぶのではなく.
作業にかかった時間が,時給換算でどれくらいなものか?
ということは常に考えておく必要があります.

フリーソフトを使っているものの,文字のズレを修正する時間を,年間で時給換算するとしたら,結構な金額になるかも.
それなら,やはり,Officeソフトを買った方が良いことになりますね(2万円以内で購入できます).

これは,古いPCを使っている人にも同じことが言えます.
壊れかけのPCを,あと1年長く使うよりも,最新スペックのPCを購入する方が,自分の時給換算で考えると,有効なことはたくさんあります.

お金が高い安い.
という考えだけではなく.
時間を消費する,しない.
という価値観も必要ですね.