2012年5月29日火曜日

医師に必要とされる英語のスキル

医師に必要とされる英語のスキルについて考えてみた.
まず最初に必要なのが
1)英語の文章を読んで理解すること
これは,必須ですね.
具体的には,英語の教科書を読む.論文を読む.
ということ.
たぶん,医学生〜研修医の時期には,すでに必要なスキルとなっており,その後一生必要になります.
まずはリーディングが重要.

2)英語の文章を書くこと
次に必要になりそうなのが,ライティング.
具体的には,
海外の学会に参加するために,抄録を書く
英語の論文を書く
海外に留学するために,現地のドクターと英語のメールでやりとりをする
などなど.

3)英語の聞き取り
海外からきたゲストの英語口演を聞く
留学して,現地のドクターとコニュニケーションをとるために英語を聞く

たぶん,話すより大事なのが,英語を聞くこと.
相手が何を話しているかが聞き取れないと,こちらの意見を話すことすらできません.

4)最後に英語を話すこと
国際学会で,口演をする.
海外でレクチャーをする.
などなど.
英語を話す.ということは,自分が話す内容に大きな価値があり,相手がそれを聞きたいと思ってくれる環境が必要.

ベテランのドクターになると,海外で口演する機会がどんと増えます.
そうなると,リスニングはもちろん,英語を上手に話すスキルも必要になります.

逆に,若い時には,口演をする機会が比較的少ないので,まずはリスニングを鍛えておいた方が良いのかもしれませんね.