2012年5月29日火曜日

国際学会に参加するメリット

国際学会に参加するといろいろなメリットがあります.
中でも,海外企業の展示ブースを見学することは大きなメリットですね.

日本ではお目にかかれないような,いろいろな機器を見学することができます.
これは,Siemensが開発している新しい透視装置ですね.
ロボットアームのようなものが,グイーンと伸びて術中に任意の透視画像を撮影することが可能です.
手術直前に,術中に見たい角度に透視をセットしておくと,術中にそのポジションを再現できるようです.
さらに,このアームの動きがとってもスムース.
たったの5秒で,術中CT画像を構築することもできるようです.

まさに,ロボット手術! Great!!

他にも,PLDに使用する内視鏡器具を,頚椎前方,頚椎後方手術に応用するために新しい器具も展示してありました.
やっぱり,PLDは,今後も無視できない存在ですね〜.

香港大学で開発された,「磁気で伸展する,側弯症矯正用のロッド」も実物をみることができました.

これらの器具が,おそらく1年もしくは数年経って,日本に導入されるわけです.
つまり,日本の手術が,今後どのような方向に向かっていくか?
を知るためには,海外の学会に参加しておくことは,大きなメリット.

企業の人達も,一生懸命説明してくれるので,英会話の勉強にもなりますね〜.