2012年10月17日水曜日

頑張らなくても良い時にしている事が成果になる


結局,仕事で成功している人の共通点というのは
「しなくても良い時からしている人」
ということにつきると想いますね.

英語が必要になってから,英語を始める
というよりも

本を読んだり,若いときに英会話がしゃべられなくて苦労したりして,
「これは,英語がしゃべられないとまずいな」
と感じる.
そして,日々の生活に英語が必要ってわけではないけど,英会話に通ったり,英語聞き取りのトレーニングをする.

チャンスがくる前から準備をしている人が,結局チャンスを手にいれるのでしょう.

まあ,これって,当たり前のことで
野球の試合が始まってから,バットをふりはじめても,遅いわけです.

今日,明日に必要ってわけではないけど,
5年から10年先には必ず必要になってくるスキル.
それを皆が気づく前に気づき,コツコツ頑張って身に付ける.
習得に時間がかかるものほど,手に入れた時のアドバンテージは大きくなります.

整形外科医にとっては?
英語を読む,書く,聞く,話すといったスキル
普段から英語論文を読み,疑問に思ったことを論文にできるスキル
統計学の知識
などが,該当するかな?と思いますね.