2012年10月13日土曜日

ミャンマーから整形外科ドクターが,1日手術見学にきました.

先日,ミャンマーから手術見学に訪れたドクターと話す機会がありました.
彼は,非常に優秀なのですが,ミャンマーでは,海外に行くのも一苦労あるようです.

ドクターが,政府の病院で働いている場合.
国の許可がおりないと,海外にいくことができないそうです.
なんと,個人のパスポートは,政府が管理している.とのこと.

だから,金銭的な問題だけではなく,海外にいくのは本当に大変なのだそうです.

それに比べると,日本人というのは恵まれているな.
と思いました.
今は,LCCもあるし,本人の意志さえあれば,自由に海外に行く事ができます.
円高も,それを後押しします.

以前ネットで読んだ情報に,
日本人は,どの国にいっても,ボランティア活動に参加しやすい.
と書いてありました.
この背景には,日本は第二次世界大戦終戦後,どこの国とも戦争をしていない.
つまり,過去,65年以上のあいだ,日本の軍隊は,他国の人を殺していない.
という事実.

ですから,日本人を,本当に憎んでいる国.
というのは,結構少ない.
ということみたいです.

過去の,日本人が頑張って築いてきた見えない遺産.
というのは大きいですね.
日本のパスポートがあれば,色々な国を訪問することができます.
そして,訪問した先でも,格別ひどい扱いをうけることは少なそうです.

個人的に,注目しているのは,欧米の動向よりも,アジアの動向.
日本は,世界に先駆けて,超高齢化社会に突入します.
それは,過去にどの国も経験したことのない,未知の領域.

そこには,大きな困難がありそうですが,いったんそれを乗り切れば,そのノウハウを,他のアジアの人達に還元することができます.
日本以外の国も,経済が発展すれば,いずれ高齢化の問題には取り組まねばなりません.

色々問題はおこるとは思いますが,日本人であれば,きっとそれを克服することができると思います.

ミャンマーからきたドクターと雑談をしていて,自分の頭の中で考えたことを,脈絡なく書いてみました.

編集後記
本田圭佑さんの良記事
【サッカー】日本代表MF本田圭佑「日本」を熱く語る!「本当にいい国だとあらためて思う」