2015年9月20日日曜日

UCSF留学:1日目Uber使ってみた

UCSF訪問前から,現在UCSF留学中の
東京大学大谷先生から,
"タクシーアプリUberは必須です"
と教えて頂いていたので,
iPhoneに入れてました.

実際,滞在先(UCSF medical centerの近く)から,
食事のためタクシーをひろおうとしたのですが,
流しのタクシーが全くいないのです.
かといってタクシー乗り場もどこにあるのか分からない状態.

かれこれ,15分近く,タクシー乗り場を探し歩いたあげく,
途方にくれたてました.
そんな中,iPhoneアプリのUberでタクシーをよんでみました.

これから先は,本当に未来!
まず,自分の元に駆けつけてくれる,タクシーの場所がiphoneのmap上に表示されます.
タクシーのプレートナンバーも表示されるので,
自分の呼んだタクシーとすぐわかります.

そして,タクシーのドアがあくと,
運転手から,"Mr. Yoshihisa!"
と呼ばれました
アプリから送られた情報から,こちらの名前がすでに運転手に伝わっているのです.
さらに,行き先も,こちらがアプリにいれているので,
運転手さんは,なにも聞かずに,そのまま目的地に直行してくれます.
(運転手さんもiPhoneをナビにしてました)

到着したあとも,お金は,iPhoneアプリで登録した
クレジットカードから引き落とされるので,
現金のやりとりは一切なし.

あー.本当にこれは未来を感じました.
日本にも一部導入されているそうですが,
もっともっと普及してほしいですね.