2009年5月6日水曜日

職場と自宅のPCで共有のファイルを使用する方法

最近は,職場と自宅にパソコンがある人も多いと思います.
中には,自宅に数台のパソコンがある人もいるかもしれません.
パソコンが増えるといろいろ良いことがあるのですが,問題に
なるのが,データの管理です.

例えば,論文を普段は職場のPCで書いている人が,休日に
家で作業する場合に,昔なら外付けHDやUSBにデータをうつして
それを家に持ち帰るのが一般的だったと思います.

このとき厄介なのが,どのファイルが最新のものか分からなくなる現象です.
(参考)ドッペルゲンガー・シンドローム 野口悠紀雄 「超・整理法」より
また,USBをなくしたりする危険もあります.

そこで,登場したのが「Dropbox」というツールです.
Dropbox http://www.getdropbox.com/
これは,インターネットに接続しているPC間でデータの同期を
可能にしたサービスです.

このサービスを使用して,職場と自宅(複数のPCも可)に共通の
フォルダを作ってしまうと,職場でも自宅でも同じファイルにアクセス可能
になり,仕事の効率が格段に向上します.

また,共通のファイルにアクセス可能になるため,複数の人が参加
してプロジェクトをすすめる際にも便利です.

英語の論文を書く作業を職場に限定してしまうと,どうしても作業
する時間の確保が難しくなります.

でも,Dropboxを使用すれば,インターネットさえあれば,出張先でも自宅のリビングでも
作業ができるので,非常に便利です.

おまけに,このサービスは無料で提供されるのでびっくりです.
さらに,MacとWindowsの間の互換性も良く便利です.