2010年2月21日日曜日

Okayama Spine Group (NPO法人)立ち上げの経緯

先日のブログに,まめ先生から
Okayama Spine Group (NPO法人)立ち上げの
経緯をまとめて欲しいとのコメントを
いただきました.

いろいろな目的がありますが
1)複数の病院間で手術や治療成績
に関するデータベースを作成する
2)脊椎を志す若手医師の教育
3)患者さんへの啓蒙活動,講演会など
4)手術見学希望者の調整
5)海外の学会参加や留学支援
6)論文翻訳代金の支援

などです.
例えば,ある医師が,脊椎の手術
トレーニングを受けて,学会などの
発表をして,できれば海外に論文を
投稿したり留学したい.
という目標を持ったとします.
(実際過去の私がそうでした.)

そういった目標をもった医師が
適切な環境でトレーニングしたり,
学会発表に参加しやすい状態を
作っていきたいというのが
一つの目標です.

こういった活動をこれまでは,
各病院単位で行っていました.

しかし,中規模の病院では,
手術件数が少なく,発表の機会も少ない.
といった問題が生じます.

また,論文発表に関しては,
病院の仕事(外来,手術,病棟など)
と直接関係がないので,今まで
書く人が非常に少ない現状がありました.

論文って翻訳にお金がかかりますし,
準備に必要なソフトをそろえたり
結構お金がかかるんです.

そういった,脊椎を志す医師が
活躍しやすくなる土壌をつくるのが
NPO法人の大きな目標です.
脊椎を志す医師の技術が向上することは
患者さんにとって非常に大きな
メリットとなります.

逆に,これまで
「手術で痛みがとれた.感謝の気持ちを寄付したい」
という,意志のある患者さんがいたとしても
それを,医師の教育にあてるための
方法がありませんでした.

NPO法人にそういった寄付をしていただく
ことで,その寄付が,医師の技術向上に
役立ち,また患者さんに還元されると
いうのが理想だと考えています.

高齢化社会の到来,医療費削減,医師不足などの
暗いニュースばかりですが,何か現場の
努力でそういった閉塞感を打開していきたいと
考えています.