2013年12月31日火曜日

勝手にAward:書籍部門

勝手にAward書籍部門は,ダントツでこちらの本を選びました.

ブログエントリー:會津藩校日新館 「臨床研究デザイン塾」

自分の人生を変えるような知識を得ることが読書の醍醐味.
ですが,実際にそのような本に出会う確率は1年によくて1〜2回です.

こちらの書籍は,
コンパクトですが,本当に大切なエッセンスが凝縮されています.

私自身は,自分の行動や,自分が創りだしたものによって,
世の中が変わる.
ということにすごく感動します.

医学論文を書くモチベーションも,
「その論文を読むことで,世界中のドクターの行動を変える可能性がある」
点につきますね.

そういった意味で,これからの医学教育,医学論文への関わり方を
大きく変える可能性のある書籍です.

最近,中国に英語論文の数で負けそうな日本.
日本の医療はすばらしいと思うのですが,
その内容を,日本にいる人だけに伝えるのはもったいない.

世界に発信するためには,世界のルールを理解したうえで,
質の高い研究を行うことが必須です.