2013年12月22日日曜日

論文作成に重要なポイント

来年のIMAST,SRSといった国際学会に向けて
リサーチを開始することにしました.

先日参加させてもらった
臨床研究デザイン塾
で教えていただいたキーワード

FIRMNESS
Feasible(実現可能性のある)
Interesting(興味深い)
Relevant(切実な)
Measurable(測定可能な)
Modifiable(改善可能な)
Novel(新奇性のある)
Ethical(倫理的な)
Structured(構造化された)
Specific(的を得た)

これらは,発表や論文作成において欠かせないキーワードとして
福原先生の著書の中で紹介されています.

最近特に重要だと思っているのが
RelevantとModifiable です
NovelやMeasurableも大切ですが,

臨床の現場において切実な問題
かつ
その報告を読んだ人たちの行動が変わる(Modifiable)
ことがとても大切です.

読んだ人の行動が変わらないのであれば,
論文としての価値が低くなってしまいますね.

でも,切実かつ改善可能なテーマを構造化するのって,
結構大変ですネ.