2013年12月16日月曜日

フリーランチは無いよというお話

今年の6月にアメリカ訪問中に話題になった
「フリーランチは無いよ」
というお話
アメリカでは,4週間の間,訪問する病院の先生から
食事を毎晩のようにごちそうになりました.

その時はあまりピンとこなかったのですが
先日教授から,
「来年アジアから,学生さんが大学を訪問することになりました.
杉本は英語話せるから,対応よろしく.」
と言われました.

ここで,
「確かにフリーランチは無いな」
と思ったのです.

あるコミュニティー(例えば医局)に入った時に
そこでは,新人にはごちそうしてあげる.
という習慣があったとします.

最初はごちそうしてもらえる立場ですが,
当然,いずれはごちそうする立場になりますね.

留学も同じで,
たくさん留学している先生は,
いずれはたくさんの留学生を受け入れるポジションにつく.
(出世するとも言えます)

この事実は,前向きにも後ろ向きにもとらえることができます.
そして,おごるとき,おごられる時というのは,
その場で損得考えてもしょうがないのです.
長い目で見ると,ちょうどバランスがとれるようになっています.

おごってもらえるときは気持ちよく
おごるときも気持ちよく

でいいんでしょうね.笑